AI未来予測プログラム「ウェブ・ボット」の2018年予測から導き出す!仮想通貨投資シナリオ

ウェブボットの予測結構当たってない?と仮想通貨の世界で少しづつ噂されています。確かに今年、開発者であるクリフ・ハイ氏が発表した内容は少なからず当たっており、変化が激しい相場の中で注目を集めています(普通に考えれば都市伝説やクリフ氏のポジショントークなのかと思うのですが)。デジタルとAIの親和性は高いという事なんでしょうか。もしこのトレンドが広まればアドバイザーが軒並みAIになり投資家にとっては怒る相手がいない未来が誕生するかもしれないですね。ここではその中でウェブボット2018予測を当てにした場合の2018年の仮想通貨投資、立ち回り方を考えてみました。

1月にネオ(NEO)が吹き上がる

ウェブボットでは2018年は中国当局が仮想通貨に理解を示し出すとの答えを出しました。
政府が認めればビットコイン以外では現状、中国版イーサリアムと呼ばれるネオが最右翼となるため吹き上がる可能性が高いとのこと。その時期を1月としています。ズレたらこの後が全て崩壊してしまいますが、ここではとりあえずその事は無視します。問題はエントリーポイントが全くわからない点ですが、年末あたりに一度下げればそこが押し目でしょうか、頃合を見て入ります。

ビットコインキャッシュは2月までにお祭り騒ぎに!

~までにという文言は悩ましいですね。。ビットコインキャッシュへの移動のタイミングは難しいのですが、ウェブボットでは2月「までに」お祭り騒ぎになる位上昇するとしているので、ネオから1月半ばから終わりくらいに上手く移れればベストではないでしょうか。BCHはボラティリティが大きいため握っていられるか不安ですが、2月はキャッシュで行きつつチャートを見て場合により早めに次項のイーサに乗り換えます。

3月にはイーサリアムが完成系?

ウェブボットはイーサリアムは3月を過ぎると異常な上昇を見せるとの予想をしています。3月以降いずれかのタイミングでイーサリアムのアップデート最終版のセレニティ後を考慮しているのだと思われます。確かにイーサリアムの完成と市場への資金流入が合致すれば更なる爆上げはありそうです。この上昇を見越して3月は以降はイーサを握っていきたいと思います(2月中旬にBCHからの乗り換えもありです)

ウェブボット4月は特に言及なし

なのでイーサを握りつつ、王者のビットコインで様子を見ます。又は時期は言及していませんがライトコインかダッシュの上げ予想がありますので4月はビット・イーサ・ライト・ダッシュの四点持ちで勝負です。春の麗らかな陽気とは間逆のスリリングな季節を迎えそうです。

5月はリップル

ウェブボットはリップルに関して1番期待出来るのは5月頃としています。GW前当たりから本格的にリップルを仕込み出します。XRPは上下が激しい年になるとのことですので入るときは慎重に行かなければなりません。高掴み警戒しつつリップルでGWを迎えたいと思います。

ビットコインの最高値は220万で9月?

ビットコインの勢いを考えると220万はすぐに行ってしまうような予感がありますが、9月に最高値をつけるとの予想なので、上がろうが下がろうがビットガチホでとりあえず5月終わりから6月以降は王者ビットコインで参ります。この時点で熱い夏の予感を感じていたいです。

まとめ

いかがでしょうか、これで億り人になりたい(笑)です。各通貨の売り買いのタイミングについてはウェブボットは時期のずれが1ヶ月単位で起きた(とされる)ため、プランの変更がしばしばありそうです。要はうまく立ち回れるかが鍵ですね。当方は小額ですがこのプランで行ってみたいと思います。収支は当サイトで報告していきます。なお、月並みになりますが投資は自己責任でお願いいたします。

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事
仮想通貨と電子マネーの違いを簡単解説
データ
昨年より仮想通貨、仮想通貨と巷が賑やかになってきましたが、興味無い人からすれば一体仮想通貨とは何か?電子マネーとの違いは何か、良く分からない...