トロンが大手取引所に次々と上場!再噴火はあるか?

トロンが韓国の大手取引所UPBITに続き、アメリカの大手取引所BITTREXにも上場されました。両方とも大手の取引所のため価格に大きな影響が出ると思います。

トロンの創業者のジャスティン氏もイケイケのツイートをしています笑

2017年末のアルトコインバブルの中心的存在であったトロン(TRX)ですが、盛り上がりが終了しビットコインの下落と共に仮想通貨全体が落ち込み、当然トロンも大きく価格を下げてしまいました。

トロン

画像は直近3ヶ月(2017年12月~3月初旬)のチャートですが、見ての通り大きな山を上り下りしています。下は0.24円で頂上は26円ですから、約100倍もの差があります、うーん凄まじいボラです。

下降トレンド後は2月に3円台をつけ、一旦はそこを底として3月時点では5~6円まで回復しています。ただ市場全体の警戒感はまだ払拭された状態では無いかと思いますので、トロンもまだまだ20円台には目指しづらいこの時期に発表がありました。

いきなり20円まではまだ難しいと思いますし、上場が切欠で下がる可能性もありますので楽観視は出来ませんが、単純に取引所が増えるのは良い事だと思います。

熱を帯びると一気に上げるのが仮想通貨の世界ですから、アルトも燃料は少しずつ投下されたと見て良いと思います。あとは市場がどう加熱するか、です。

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事