テンボスコイン構想とは?HISが仕掛ける仮想通貨の試み

テンボスコイン構想とは?HISが仕掛ける仮想通貨の試み

旅行会社大手HISがビットコイン決済(都内の一部店舗)を導入しましたが、話題作りや宣伝だけでは無く、その先も見据えたプロジェクトが進行中です。その試みをご紹介します。

テンボスコインとは

名前の通りHISが運営しているハウステンボスで使用できる仮想通貨になります。現在は実証実験のレベルだそうですが、勢いとしては遠くない将来使用開始される可能性があります。その際には間違いなく話題になる事でしょう。

そもそも仮想通貨はまだまだ一般社会からはよく分からない物として認識されていると思います。そのため、こうした知名度のある企業がどんどん取り入れて来るとより市場規模が拡大していくのかなと思いますので、ぜひ利用開始まで持って行って頂きたいなと思います。

レートは1コイン=1円に固定か

気になるテンボスコインの価格ですが1コイン1円のレートになる事が濃厚です、そのためICOなどは行われないかもしれませんね。テーマパーク内で使用し余った分はHISが管理するウォレットになるか、取引所のようなものを作るか分かりませんが、いずれにせよ他の物に使用できる形態を構想しているそうです。

そもそも、トークンを利用する意味を考えればこうした動きはあってしかるべきで、普及すれば我々が普段取得している、ありとあらゆるポイントは他のサービスに利用出来るような時代が訪れるかもしれません。今回の件で言えばテンボスコインの余りを航空券の一部費用に利用したり出来たらなと思うのですが、囲い込み戦略が強い日本企業風土においてどこまでそれが実現出来るか不明です。もしそれが可能となるなら日本政府などが共通プラットフォームを作るしかないのかなと思います。

いずれにせよ、新しい試みは上手く行けば続く企業は増えると思います。そうして世に仮想通貨・トークンの価値がスマホが普及した時のようにゆっくりと浸透していけば仮想通貨は更に化けるのではないでしょうか。

ニュースカテゴリの最新記事