株価と連動する?仮想通貨市場の噂

ビットコインの下落が止まりません。1月以降の下落トレンドにより本日深夜に一時72万円まで落ち込みました。その後反発して80万円付近まで戻しましたが、まだまだ予断を許しません。しかしながらこの急落にいくつか不思議な点がありましたのでここではその点を報告します。

特に悪材料という悪材料がないのに大きく下落

今回の下げで一番不可解だった点がこれです。確かに細かい点を挙げれば全く無いとは言えないのですが、そもそも報道各社はFUDの真っ最中ですから、そろそろネタ切れ感も出てきましたし、昨日にしても市場を大きく揺るがすようなネタは無かったようにも思えました。

しかしながら、ビットコインは大きく下落しました。これはつまりファンダメンタルズというよりはテクニカルで売りが強いという事になるかと思うのですが、ただ一つだけファンダメンタルズで気になる事象がありました、株式や先物の相場です。

NYダウの平均株価の下落とビットコイン

最近はビットコインが下落トレンドに入ってからどこで反発が来るかなと観察しています。大きいファンダは結構出揃ったので、下への圧力は鈍化して行くだろうと見ていたのですが、それだけに昨日の下げは不可解でした。

原因は何だろうなと考えた結果、分かり易すぎるのですが、やはりNYダウの価格が一気に落ち込んだ事による金融商品の市場マインドが冷え込んだ事が理由だという考えに至りました。

直接の相関関係は無いと思いますが、ここ数日の株式市場のダウントレンドに合わせるようにBTCの価格も下落していることから、大口が手放して現金に変えているのではと思います。

どこで関係性が崩れるか注目

しかしながら、ビットコインは余りにも一気に下げすぎているだけにここから下に行けば行くほど反発が強くなると思います。そのため、株価がもし調整では無くダウントレンドに転換し、下落のスパイラルに突入したとしたらビットコインおよび仮想通貨市場にどういった変化が生まれるか興味があります。逆に調整に入ったりその後の上昇が続いた場合もビットコインはどう動くでしょうか。

仮想通貨保有者としては資金が流入する事を期待したいところですが、とりあえず今は、そうした状況でも無さそうなので各自戦略を考えた方が良いかもしれません。私は閾値で少額を投入しながら買い下がりたいと思います。

ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事
仮想通貨コイン・トークン一覧
データ
仮想通貨の世界には様々な通貨があります。ビットコインのような核となる通貨もあれば、草コインと呼ばれる非常に安価な通貨もあります。 安いコイン...