SBIグループで大規模ICOを2018年度に実施予定

昨年より噂されていましたSBIバーチャルカレンシーズによるICOの実施がどうやら現実味を帯びてきました。

SBIホールディングス(HD)は2018年度中に、仮想通貨を使った資金調達「新規仮想通貨公開(ICO)」で国内最大級とみられる500億円規模を調達する。傘下の仮想通貨関連事業の中間持ち株会社を通じてICOを実施する。

引用:日刊工業新聞「SBI、仮想通貨で500億円調達 国内最大規模」

半ば既定路線ではありますが、やはりこのICOではSコイン(仮称)が取り扱われる模様で、この記事では調達金額を500億としていますが、かなりの規模になりそうですね。実現すれば過去を含めても世界的にみてトップクラスのICOです。

投資家の信頼感が桁違いのSBI

SBIグループは過去の金融商品の取り扱い実績からも他の仮想通貨取引所とは投資家の信頼感が桁外れです。そのため、以前からSBIバーチャルカレンシーズが開始されたら、多くの仮想通貨ユーザーは移動すると言う話が言われてきました。

また、現ユーザーだけではなく、まだ仮想通貨取引を開始していない他の金融商品投資家層も取り込める可能性が高いです。そのため、SBIバーチャルカレンシーズは日本の投資市場を大きく左右する存在と言えるかもしれません。

他社の圧力

仮想通貨市場は先行者利益が大きいと思いますが、これは取引所でも同じことが言えると思います。コインチェックやビットフライヤー、ザイフなどはそのお陰で莫大な利益を得る事が出来ました。

そして、仮想通貨行けるぞと判断した後続の大口企業が今後もドンドン参入する事が見込まれます。現にLINEやサイバーエージェント、三菱UFJなどは将来的な参入を表明しています。

SBIグループが表明したのは昨年の夏頃とかなり早い時期でしたが実際にバーチャルカレンシーズの受付を開始したのは年末でしたし、やはり様子見というか、慎重にタイミングを見極めているのは間違いありません。

しかしながら、そうこうしている内に大企業が参入を目指しだしたのでうかうかしてられないという状況が出来上がりつつあり、SBIグループも時間的な余裕が薄れてきています。ですので、SBIバーチャルカレンシーズ本格始動はかなり近いと思います。

また、コインチェックの騒動もSBIからすればチャンスだと言えます。現状仮想通貨取引参加者は揺れている状況かと思いますので、ここで参入出来れば一気に顧客を獲得できるでしょう。予想ではCCが各種の通貨取引を再開した辺りのタイミングを狙っているような気がします。

気になるICO

言うまでも無く、このICOは全力買いです。もちろん、プロジェクトの中身やトークンの内容などキチンと確認は必要ですが、その他のICO案件とは信頼度が比べ物になりません。また、おそらく株式などの投資家も参戦があり得るため争奪戦は必死だと思います。

ICOの方法や参加要件に関しては今後発表があるかとは思いますが、どう動くにせよ、購入を考えられている方はSBIバーチャルカレンシーズの口座を開設し各種ニュースの受け取り設定をされておくと良いと思います。

ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事