コムサ、CMSトークンをzaifで受け取る方法

コムサ、CMSトークンをzaifで受け取る方法

日本の大型ICOとして注目を集めたコムサ(COMSA)をzaifのアカウントで取得する方法をご説明致します。

取得手順

以下がザイフから発表された内容になります

① zaifアカウントにログインし、入出金と履歴画面から、MOSAIC又はERC20を選びトークンの入金アドレスを取得します。
② COMSAダッシュボードにて受取り先(zaifアカウント)と、トークンの種類(MOSAICまたはERC20)を指定します。
③ COMSAダッシュボードに、取得した入金アドレスを入力設定し、CMSトークンを受け取るボタンを押すとzaifのアカウントにCMSトークンが送信されます。

以上がCMSトークンを受け取るまでの流れです、11/30(木)を予定しています、気を付けたいのは受け取って即取引が開始になるわけでは無い点です。

ネムベースのコムサとイーサベースのコムサ

今回のテックビューロからの発表で一番驚き悩む点がコムサがネムベースとイーサベースでリリースされるという点です。

ネムベース:CMS:XEM/JPY = 前述したMOSAICがネムベースになります
イーサベース:CMS:ETH/JPY = 前述したERC20がイーサベースになります

なお、どちらかを選択すると受け取るCMSトークンはその属性で全て設定されてしまうという事になります。これは悩む・・・。邪推してしまいますが、CMS配布からzaif上場開始までの間に値がイーサまたはネムの価格が大きく動いた場合そちらの購入者が多いという事になるのかもしれませんね。ただし供給量が多いほどダブつく可能性もありますし、、、これは本当に難しい選択ですね。

zaif上場、取引開始時のサーバーダウンにご注意

ザイフのHPの発表によると

「CMS:XEM/JPY」「CMS:ETH/JPY」の取引は、12/4を開始予定日としております。

出展:zaif https://corp.zaif.jp/info/7622/

との記述があり、実質的な取引の開始は12/4(月)になりそうです。もちろんこの日はアクセスが集中する事が予想されますので、過去の実績を鑑みるとサーバーダウンも充分にあり得ますので、その点だけはご注意ください。

初値に注目

似たような案件で11月にリリースされたQASHトークンの開始時は大幅に値が動きました。同じようにコムサも大きく動く可能性がありますので、もし取引開始日に購入を考えられている方は特に気を付けて購入されて下さい。もし成行で購入した場合、非常に高値で掴まされる可能性があります。コムサは余り値動きがしないような風潮が流れている気がしますが初日の動きはそうならない気がします。ドキドキですが、どうなるか顛末を楽しみましょう。ちなみに筆者はガチホとちょっと買おうかなと考えてます。

ニュースカテゴリの最新記事