今年取引所をオープンする(しそうな)注目の仮想通貨交換業者

コインチェックが580億円分のネムを盗難され大いに批判を浴びている仮想通貨マーケットの状況ですが、一方でコインチェックが現金で保障すると発表したことで凄い儲かっていると知らしめた事も事実です。確かにまだ返金がされた訳では無いので、まだ確定した訳ではありませんが金融庁の立ち入り調査まで入っての虚偽の発表は考えづらくやはりキャッシュを持っている可能性が高いです。いずれにせよその様を見て多くの企業は仮想通貨の運営側は儲かると認識しており、今年は一気に参入が進みそうです。ここではその中でも取引所を運営する(しそうな)事業者で注目株を挙げてみました。

SBIバーチャルカレンシーズ

SBIVCは金融庁にも登録されており、ほぼ確定です。豊富な資金と様々な金融取引の実績があり、投資家からの信頼は一番高い企業です。

事前発表では独自通貨であるSコインを発行する計画があるとしており、SBIVCでしか取り扱わない通貨も上場されるかもしれませんね。ICOのプラットフォーム作りも目指している模様で、仮想通貨の旨みを全部味わい尽くす巨大な取引所が開設されそうです。

気になる時期ですが、既に事前登録者へのはがきの配布まで終了しており、いつ開いても大丈夫な状況まで来ていると思います。後は地合いやファンダメンタルをうかがっているのだと思われますが、熱心なSBIファンも多いでしょうし早く開始して欲しいです。※追記:2018年夏ごろの見通しとのことです。

LINE

LINEも先日新会社「LINE ファイナンス」の設立を発表しており、仮想通貨事業に乗り出す事も発表しています。ラインの魅力は圧倒的な知名度と草の根レベルまで顧客を掘り起こせる点です。昨今は大学生も仮想通貨を行っている人が増えているみたいなので、こうしたメッセンジャーアプリの取引所が生まれたら仮想通貨の更なる普及に拍車がかかりそうです。

サイバーエージェント

アメブロを運営し最近ではabemaTVに注力しているように見えますが、IT大手のサイバーエージェントも仮想通貨交換業に乗り出す意向を示しています。サイバーエージェントの強みは多種多様なプラットフォームを持っていますので、今までリーチ出来なかった層を一気に掘り起こすことができる点です。またCMをはじめ派手な広告を沢山売ってくることが予想されますので、ライト層を一気に獲得しそうです。マーケット自体には良い影響かと思いますので、ド派手にやって欲しいですね。

マネーパートナーズ

FXや証券の取引を運営するマネーパートナーズグループも以前より仮想通貨に参入を表明しており、既に仮想通貨交換業に登録されています。実際にFXなどで利用されていた方も多いと思いますし、既存の顧客からの流入もあり得ると思います。

三菱UFJフィナンシャルグループ

三菱UFJフィナンシャルグループはかなり前から「UFJコイン」の発行を発表しており、仮想通貨に関しては積極的な企業ではありますが、一方で大企業であるが故にあらゆる関係各所の動きに注視しながら動かなければならない点もあり、現在は様子見をひたすら続けているような状況だと言えます。本業に大きく悪影響が出ると判断された場合は取引所の開設は取りやめになる可能性もありますが、もし市場が今年も更に成長を続けていくのであればさすがに今年中には仮想通貨取引所は開始されると思います。もしその時がくれば日本の金融界に取って大きな潮目と言える程のインパクトがあると言えますので今年一番のキープレーヤーと言えるかもしれません。

その他

コインチェックの件とその後のバッシングの様子を見て若干トーンダウンした事は否めませんが、仮想通貨取引業者が大きく収益に繋がる事は間違いなく上記した企業だけでは無く、有名企業も参入してくる可能性もあります。特に証券会社としてはこのままではという危機感があるかと思いますので、現在証券会社を運営している企業はマーケットの地合い次第で参入してくる事もあるのでは無いでしょうか。

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事