仮想通貨ネオ(NEO)がオントロジートークン(ONT)をエアドロップ

中国版イーサリアムことネオ(NEO)の公式ブログにて提携するチームのトークンをエアドロップ(配布)すると発表されました。エアドロップは殆どの場合で価格を上げるため、オントロジートークンが欲しい方はNEOの購入を考えてみてはいかがでしょうか。NEOは日本の取引所では扱っておらずバイナンスなどで買えます。

オントロジートークンについて

公式ブログのアナウンスを引用します。

親愛なるNEOコミュニティ

NEO理事会は皆様の貢献と支援に謙虚に感謝しています。
皆様のご協力を得て、スマートエコノミーに関するNEOのビジョンは様々な業界で広く認識されており、NEOブロックチェーンは世界中のブロックチェーン開発者や寄稿者と共に技術主導のコミュニティに進化しました。

オントロジーは中国の有力なブロックチェーン技術企業であるオンチェーン(Onchain)によって開始された、次世代のマルチチェーンパブリックチェーンインフラストラクチャプラットフォームです。
また、分散型のトラストエコシステムをサポートする共通のプラットフォームです。

共同エコシステムをサポートするために、オントロジープロジェクトは、NEO評議会によって管理されるべき量のONTトークンを渡しています。
そしてNEO理事会はNEOコミュニティにONTトークンをエアドロップすることを決定した事を発表します。

とのことです。

配布内容・対象

対象は以下の通りです。

・1NEOにつき0.2 ONT配布予定※50%は自由に取引可能、50%は自動的にロックされる。
・1974823ブロック時点でのネオ保有者が配布対象。予定では2018年3月1日午前5時ごろ(太平洋時間)が推定される。
・最初のONTトークンの配布は3月1日以降(1NEOあたり0.1 ONT)。他のロックされた半分(NEOあたり0.1 ONT)はオントロジーMainNetで扱われるようになる、詳細は今後公開予定。

すぐに貰えるのは半分の量ですが、おそらくまだどこにも取り扱いは無いと思いますので貰って即売り払う事は出来なそうですね(もしかしたらバイナンスやクーコインがいきなり上場するかもしれませんが)いずれにせよオマケ程度に考えておいて、メインネットがリリースしてもう半分が返って来る頃にはどこかの取引所には上場されているのでは無いでしょうか。漬けましょう笑

受け取るには

ONTトークンを受け取る方法に関しては基本的にネオの公式ウォレットであるneonウォレットで保有していれば問題無いかと思いますが、取引所ではクーコインが配布すると公式ブログで発表しています。もしかしたらバイナンスやその他の取引所でも普通に配布される可能性がありますが、もし3日前くらいになっても何の発表も無ければクーコインに移動させた方がいいかもしれませんね(それだったらウォレットを作った方がいいという意見があるかとは思いますが)

ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事
仮想通貨用語集
データ
仮想通貨の世界には様々な専門的な用語があります。株や為替のトレード用語がそのまま使われていたり、仮想通貨の世界独自で使われている用語もありま...
仮想通貨コイン・トークン一覧
データ
仮想通貨の世界には様々な通貨があります。ビットコインのような核となる通貨もあれば、草コインと呼ばれる非常に安価な通貨もあります。 安いコイン...