ハッカーのアドレスから他のアドレスへネムが移動中?今後の展開はどうなる

コインチェックをハッキングして奪ったハッカーのネムのウォレットアドレスから他のアドレスへNEMが移動している模様です。

いくつかTwitterを見ていくと、どうやらハッカーのアドレス宛にネムを送付している人がいるため、犯人はそのアドレスへ向けてネムを送っているようです。

ハッカーのウォレットにはマーキング用の仕掛けがされており、それが移動先にも適用されるという話があるため、その情報が正しければ面白半分で犯人のアドレスへネムを送り、その後犯人からネムを受け取った場合はご自身のネムウォレットにもマーキングされてしまう「可能性」があります。

状況が状況ですので、こうした行為は混乱を助長するだけですし止めましょう。思わぬとばっちりを受けて自分の保有するネムが使い物になってしまったら笑えません。もちろん犯人も混乱を狙っていると思いますので。

事件が起きた後から今回の件がどのように収束するか考えましたが、実際の所は非常に難しく、一時的にウォレットを廃止し取引所なりネム財団なりで一旦集めた後、再配布くらいしか思い当たりません。

しかしそうなると大混乱は必死ですし、非情な話ですが、何で他のミスで俺らがそんな事しないといけないんだよ、となるのは目に見えています。いずれにせよ、まだまだ波乱ありそうですので今後の動向に注視しましょう。

個人的にはウォレットのアップデートで対策を取るしかないと思っていますが、今後どう対応するのか、はたまた、しないのか不透明ですが、いずれにせよ、まだまだ波乱ありそうですので今後の動向に注視しましょう。

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事
仮想通貨と電子マネーの違いを簡単解説
データ
昨年より仮想通貨、仮想通貨と巷が賑やかになってきましたが、興味無い人からすれば一体仮想通貨とは何か?電子マネーとの違いは何か、良く分からない...