アメリカナスダック(Nasdaq)がビットコインの先物を上場予定

11月30日に日経を始め情報媒体の各社がアメリカナスダックがビットコインの先物取引を検討しているとの報道がありました。活況に沸く仮想通貨市場に新たな追い風がやってくるかもしれません。

さらなる資金の仮想通貨市場への流入も

今回の内容を精査するとターゲットは主に個人投資家になるとの事です。今まではマニアックなよくわからないものとして敬遠していた層もナスダックが取り扱う事でより参入障壁が低くなり入って来る可能性が高いです。

仮想通貨市場はまだまだボリュームとしては小さいため現時点でバブルのような印象を持たれている方は多いと思いますし、ある意味でそれは正しいとは思うのですが、起こっている事のインパクトを考えるとバブルで片付けてしまうのも拙速な印象が否めません。

株やFXなどに比べまだまだ資金が還流していない現状を鑑みると伸び代があると考えた方が自然な気がします。今後起こりうる可能性を考えた場合、技術に資金がシンクロした時にどういう世界を作り出すのかわかりません。今後市場が大きくなるにつれより窓口が増え、資金が流れ込む事が考えられますので、2017年11/30日現在、ビットコインは荒々しく上下しておりますが今回の契機により更に価格が上昇していく可能性が高いと私は見ます。

2018年6月ごろ、ナスダックでは先物プラットフォーム(NFX)に上場する予定とのことです。

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事
2018年1月仮想通貨イベントまとめ
ニュース
仮想通貨はイベントで大きく値が動く事が多々あります。思わぬビッグサプライズにより上昇したり、煽るだけ煽って内容が大した事が無く大暴落と、イベ...