ビットフライヤー上場はLISK!新規上場により爆上げなるか?

ビットフライヤーの加納社長が月初に報告していた通り本日ビットフライヤーに新しいアルトコインLISK(リスク)が上場、取引開始いたしました。

LISKは元々噂があったのですが、ホワイトリスト入りしていない点が気になる材料として半信半疑だった方もいらっしゃると思います。しかしながら、噂通りに上場され、一気に価格が高騰しています。

認知度・普及度が上がり一気に価格を上げるか

リスクはコインチェックで取扱いがあるなど、そこそこの知名度を誇ってはいましたが、名前が嫌われてる(?)のか、アルトコインの中では人気通貨とは言い難い状況でした。知名度は更に低かったと思います。

そんな通貨ですから、他の著名アルトを出し抜いてビットフライヤーに上場した事のインパクトは大きく、ホルダーもまだまだ少ない状況である事を考えると一気に価格を上げる可能性があります。

またリスクは今後のリブランディングやコアアップデート、開発者キットのリリースなど材料が豊富にあるため、今回の上場以外にも価格を上げていく可能性が高いと言われています。

事実、リスクホルダーの方はビットフライヤー上場はオマケ程度に考えており、長期で見ている方が多くいらっしゃいますので、もし今回の上場にて購入された方はすぐに売るのも良いのですが、ホールドしても面白い銘柄かと思います。

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事