LINEが仮想通貨マーケットに参入、取引所開設か

LINE(ライン)が仮想通貨の決済だけではなく、自前で取引所を開設する可能性が出てきました。噂ではありましたが新会社も設立し、各報道機関上でも発表されていますので、仮想通貨市場に致命的な出来事(法律による取引禁止など)が無ければ事業が開始される可能性が高いです。

1月31日、LINEは金融事業関連の新会社「LINE Financial」の設立を発表した。1月10日に資本金50億円で設立された新会社の代表取締役には、LINE代表取締役社長の出澤剛氏が就任している。

LINE Financialでは、仮想通貨交換や取引所、ローン、保険といった金融関連サービスを、コミュニケーションアプリのLINE上で提供すべく準備を進め、金融事業の拡大を図っていく。また、現在メッセンジャー運用で培ってきたセキュリティへの対応に加え、ブロックチェーン技術などの研究開発も推進することで、安全で便利な金融サービスの提供を目指すという。

引用:テッククランチ「LINEが仮想通貨事業などの金融事業への参入を本格化、新会社を設立」

この記事によるとラインファイナンスは単に仮想通貨取引に止まらず金融商品全般を取り扱い、それをLINEというプラットフォームで行えるようにして行くみたいです。また同時にブロックチェーンの技術の研究も進めるとの事で仮想通貨を起点に新たな分野に本格的に参入していくのだと思われます。

この背景には仮想通貨市場が運営側にとって非常に魅力的な存在であることが挙げられますが、一方でブロックチェーン技術を活かした新興メッセンジャーアプリを警戒しているようにも思えます。

特に仮想通貨界隈では有名なテレグラムの存在は間違いなく脅威に感じており、ICOが成功を納めて世に広く普及してしまえばシェアを奪われる可能性があります。そのため、まずは先手を打ってきたと言ったところでしょうか。

いずれにせよ、こうした世に影響を与えられる資本の参加は仮想通貨界隈にとっては喜ばしい事であり、市場全体の底上げに繋がります。どう言った形態になるのか、動向に今後とも注視したいと思います。

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事
2018年1月仮想通貨イベントまとめ
ニュース
仮想通貨はイベントで大きく値が動く事が多々あります。思わぬビッグサプライズにより上昇したり、煽るだけ煽って内容が大した事が無く大暴落と、イベ...