freeeが仮想通貨の税金会計サービス「会計freee for 仮想通貨」をリリース

freeeが仮想通貨の税金会計サービス「会計freee for 仮想通貨」をリリース

仮想通貨の税金に関して様々な方面から難解だという声が上がっており、実際に計算される方も苦慮しています。この要因として余りにも急速に発展したため、制度もそれを支援するツールも何も無い状態であることが挙げられます。しかしながら大きな需要がある事は明白ですので、会計ソフトの会社などは物凄い勢いで開発を進めています。ここではその内の一つであるfreee株式会社が提供している【会計ソフトfreee(フリー)】の仮想通貨版がリリースされましたのでご紹介いたします。※現状先着5000名のみ利用可能で、早い者勝ちの状況です。ご利用をお考えの方はお早めに!

会計freee for 仮想通貨とは



freee株式会社が提供する会計ソフトの仮想通貨版です。会計freee自体はクラウドサービスとなり、各PCやサーバなどにインストールする必要がありません。専用のURLからIDとパスワードを入力し管理画面にログインしサービスを利用します。

操作法に関しては、取引データ(CSV)を取り込むだけで損益通算を自動算出するとの事ですが、現状、bitFlyer(ビットフライヤー)とbitbank(ビットバンク)のみが対象になるとの事で、それ以外の取引所のCSVなどは各自がページで手打ちをする必要があるとの事です。但し、freeeは画面が見易く、操作性が非常に高いので苦にならないと思います。

私は別件でfreeeを利用しておりますが、これで使いづらいと感じる方はおそらくどの会計ソフトを使ってもfreee以上に使いづらく感じると思います。それ位freeeの画面設計や操作性は優れていると思います。

株・FX取引などにも対応

freeeでは仮想通貨だけでは当然なく、あらゆる会計の基本的な所得・控除から最新の制度まで対応しています。そのため、仮想通貨だけではなく株やFX取引をされている方も合わせて確定申告を作成する事ができます。

作成方法は質問に答える方式ですので、確定申告書類を簡単に作成することができます。

以下の3点は未対応

・2017年1月1日以降から取引を始めた方が対象。2017年1月1日より前に取引がある場合の計算は対応していない
・「仮想通貨での商品の購入」「仮想通貨の証拠金取引」「仮想通貨の分裂(分岐)」「仮想通貨のマイニング等」「各取引所のアフィリエイト報酬」は対応していない。
・各仮想通貨取引所で完結してた取引を行っている方を対象としており、仮想通貨を外部へ送る又は外部から受け取る場合の計算は対応していない。

今後、おそらく近いうちにこれらの項目は対応されるかと思われますが、現時点では非対応との事です。

まとめ

会計freeeは主にスタートアップを始めとした中小企業〜中堅規模の会社向けのソリューションですが、もちろん個人事業主の方も多数利用されているかと思います。そのノウハウが沢山の詰め込まれていますので、とにかく操作画面が見易く分かりやすいです。今回の仮想通貨製品を利用し、もし気に入られた場合はそれ以外の既存のアプリケーションもお考えになって見てはいかがでしょうか。



ニュースカテゴリの最新記事