モルガンスタンレーがビットコイン先物契約の清算・決済業務を開始

モルガンスタンレーがビットコイン先物契約の清算・決済業務を開始

アメリカの大手金融機関モルガンスタンレーが仮想通貨市場に参入しました。内容は主に先物取引における業務との事ですが、とはいえ大手の金融機関が手がける事になれば仮想通貨の認知度は高まり資金も大量に流入することに繋がります。

大手金融機関が顧客からの圧力で仮想通貨取引開始か?

米投資銀行のモルガンスタンレーがビットコイン先物契約の清算・決済業務を開始したことがわかった。ゴールドマンサックス、TDアメリトレード、Eトレード社も既に同業務を行っており、モルガンスタンレーの動きはこれに続くものだ。モルガンスタンレーのジョナサン・プルザンCFOは「まだ活況とはいえないが、デリバティブ取引をしたい大口顧客のために行っている」とした。

引用:コインテレグラフ モルガンスタンレーがビットコイン先物の清算決済業務を展開

こうした大手金融機関の参入は仮想通貨の価格上昇率を考えれば、ある意味では当然の結果であると考えられます。間違いなく、顧客は仮想通貨取引を開始しなければ仮想通貨の値上がりを横目に指をくわえているしか無かったのですから。モルガンの株主からすれば当然、何で仮想通貨やらないんだ!となりますよね。

こうした大手が参入してくることで仮想通貨市場が大きくなるのは間違い無いのですが、一方で今以上に値上がりの幅が大きくなり、仮想通貨市場に混乱が生まれる事は間違いありません。厄介なのがビットコインが影響を受けることは他のアルトコインも大きく価格に影響が出ますので、今後どのように推移するか注目です。

ニュースカテゴリの最新記事