期待の日本産ICOプラットフォームCOMSA徹底解説

少し早いのですが2017年は仮想通貨の年であったと同時にICOの年だったと言える程活況に沸きました。何故過去形なのかと言うと今年の前半はICOブームが起こり、猫も杓子もICOを買えば数倍以上値をつけるという異常な事態がありましたが後半に取り締まりがキツくなると一気に冷え込んだからです。そんな中今年のオオトリでしょうか(少なくとも日本では)COMSAが誕生します。事前のセールで100億以上を集め現時点でも大成功と言えるCOMSAをここでは解説いたします。

コムサの特徴

コムサは大阪のテックビューロ社が運営管理するトークンになります。大きな特徴はコムサがプラットフォームとなり、ICO案件を精査し、認められたプロジェクトをコムサで発表するということになります。ややこしいのですが、要はコムサでICOを行えるよーということです。ICOは単体でも行えますがリスクも伴うため、どこか信頼のある機関にお願いしてリリースしたいのが大きな組織の本音だと思います。コムサはその点においてzaifという取引所も運営していますしコムサのICO案件を審査するメンバーも精鋭揃いということで信頼性が高く大きなプロジェクトになればなるほど需要は高まると思います。

コムサトークン保有者の特権

コムサトークンの保有者は以下2点の特権があります
①コムサプラットフォームで行われるICOにコムサトークンを使って購入すると5%のボーナスがつく
②保有者のみ招待される特別なICOに招待される

この内特に注目したいのは②です。①に関してはコムサトークンでも無くても参加出来るICOということで、希少性は薄いのですが、後者に関しては完全にコムサトークン保有者特権になります。狙い目としては第一回目の招待ICOでしょうか。これが発表されると昨今秘匿されるとも思えませんし、トークンの価値がジワジワ上昇し、更にICOもあげて来てと2度美味しい思いが出来るかもしれません。注目です。

コムサの価格について

コムサはICO時に購入量の2倍の数のトークンを発行したため、価値については短期の上昇は見込めない気がします(取引開始直後は除く)。ただし上記のように大きなプロジェクトが動き始めると需要は高まり上昇する可能性が高いと思います。トレードで上手くやれる方はやるのでしょうが、自身の無い方はしばらく現物保有でも良いのかもしれません。

まとめ

COMSAは日本の仮想通貨業界に対して試金石と呼べるプロジェクトです。もしこれが成功し、ICOが推進されれば企業の資金調達の仕組みに関して巨大なインパクトが加わると思います。そのため今後の動向に注視したいと思います。

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事