忙しい人のためのコインチェック会見内容まとめ

忙しい人のためのコインチェック会見内容まとめ

本日16時よりコインチェックが記者会見を開き現在の状況や今後の展開など報告がありました。忙しい方のために内容をまとめましたので、気になる方は以下、ご確認ください。

NEMの事件について

・NEMの流出事件は外部の人間によるマルウェアを用いたものによって起こった。
・マルウェアは社内のメンバーへ向けフィッシングメールとして配信され、担当者が開封してしまい社内の端末が感染した。
・注意喚起は行っていたが防げなかった。
・発見が遅れた理由は防止するシステムが無かったため。
・今後コールドウォレット化の開発を進める。
・メールの送信元に関しては特定済みだが、捜査の関係上明かせない。
・セキュリティ事故の背景には人員不足があり、今後採用活動の強化を図り体制を厚くする。
・NEM補償対象者にマネーロンダリングを行った者はいないと確認済み。

保障ついて

・NEMの保障は日本円にて行う。
・レートは88.549円。
・コインチェックのアカウントに付与される予定。
・返金による税金に関しては国税庁に確認中。
・保障時期は来週中にもHPに掲載予定。
・担保となる顧客の資産は別に管理をしている。
・日本円での返金は複数の法律事務所に相談した上で、市場に与える影響を考慮しての決定。

コインチェックの今後について

・提携に関しては、顧客の保護に繋がると判断すれば行う。
・サービスは取引停止前の状態と変わりなく継続する予定。
・財務諸表の開示予定はない。
・サービス停止後の値下がりによる損失については利用規約上、コインチェックとしては責任は負わない。

以上です。

ニュースカテゴリの最新記事