コインチェックNEM(XEM)GOX分の補償内容を発表

コインチェックNEM(XEM)GOX分の補償内容を発表

コインチェックより1月26日に不正送金されたNEMの保有者に対する補償内容が以下の通り発表されました。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

引用:コインチェック(不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

 

補償内容の是非はともかくここでは今回の事件でコインチェックがなぜこうなったかを改めて考えてみます。

顧客資産(NEM)をホットウォレット(オンライン)にて保管

これはかなりあり得ない対応かと思います。顧客資産をオンラインで保管しておくこと自体間違っていますが、さらにマルチシグと呼ばれる暗号鍵を分割する技術がネム側より推奨されていたにも関わらず、実装が面倒臭かったのか、甘く見ていたのかわかりませんが、対策を怠っていました。

手間と費用がかかる手法を取らなかったがゆえに顧客の通貨が流出する事態になったわけですから、管理責任の瑕疵は免れられないでしょう。

500億もの資産を集中管理

これもにわかには信じられません。そもそも顧客の預かり資産を第三者が送金可能にしている時点でおかしいのですが、それはそれとして集中的に管理したがために被害が甚大になりました。取引記録(正しければ)を見ると1億XEMがガンガン送られて数回の取引で大量の資金を持って行かれてしまいます。

分散化によるリスクの低減は考えなかったのでしょうか。結果からですがシステムの組み方が単純過ぎて単に手間を省きたかっただけでは無いかと邪推してしまいます。コインチェックはUI/UXはシンプルで良いと感じていますが、どうもその理屈を全てに適用し過ぎている気がします。やはりコアとなるべき場所は厳重に扱い、いらん手間をかけないとダメでしょう。その認識が薄過ぎます。

顧客の信頼を失うことが最大のリスク

核となる部分はここです。やっぱり使ってもらってなんぼのモノですから、それが失われる事が一番のダメージであることを認識しないといけないと思います。アホみたいに申込者が殺到していたから勘違いしてたのでしょうか。

今回の件で顧客離れは相当進むでしょうし、盗られたネムも返って来ません。在らぬ風評も立てられてしまっています。保証金が払えたとしても失った物は大き過ぎます。

また現在コインチェックは金融庁に仮想通貨交換事業社登録を申請中ですが、登録に向けて大きなマイナスとなった事は間違いなく、今後においても苦しい状況かと思われます。

ニュースカテゴリの最新記事