ビットバンク(Bitbank)が仮想通貨の借り入れサービスを開始予定!

日本の仮想通貨取引所ビットバンク(Bitbank)が仮想通貨の貸付サービスを開始する予定です。

仮想通貨は本当に値動きが凄まじく乱高下が激しいです。サヤ取りを狙って絶好のタイミングで動いても、そこから更に価格が変わり、気づけば枚数が減っている・・なんて事もしばしば。そのため下手に動かずいわゆる「ガチホ」している方も多いとは思いますが、それだとやっぱり面白くないですし、価格が下落した時にいやーな気分になります笑

そのため、長期でガチホを決め込んだ通貨はただ漬けておくだけでは無く、貸し出して複利を頂きませんか。

以前はそうした貸仮想通貨サービスをコインチェックが行っていましたが、現在は・・・ご承知の通りです。そのため今回は同様のサービスを始める予定のビットバンク(Bitbank)をご紹介します。

ビットバンクってどんな取引所?

ビットバンク(Bitbank)は2014年5月に開始した老舗(?)の仮想通貨取引所です。特徴はアルトコインを販売では無く取引で購入出来る点が挙げられます。またビットバンクは

1:bitbank.cc
2:bitbank Trade

という2つの仮想通貨取引所を運営しています。
「bitbank.cc」が通常の現物取引中心の取引所で、「bitbank Trade」はその名のとおりBTCFX(ビットコインFX)を”追証が無く”そしてレバレッジを最大20倍まで設定して行える先物取引所になります。両方の取引所はbitbankにアカウントを作成することで連携が行え、すぐに口座開設してビットコインFXが利用できるようになります。以上のように様々なユーザーに対応したマルチな取引所と言えます。

見やすいチャート画面

ビットバンクチャート画面

上の画像はXRPのチャート画面(日足、フルサイズ)ですが、ご覧のとおりビットバンクのチャートは見やすく、扱いやすいです。大きな画面で中長期のチャートも把握しやすいですし、ローソク足も見やすいです。こうしたUI/UXが綺麗に整理されていると使いやすいのでトレードがやりやすいです。個人的には他の取引所と比べてもかなり使い易い画面設計だと思います。

ビットバンク(Bitbank)が仮想通貨を貸して増やすサービス開始

前述したとおりビットバンクはアルトコインを「取引で購入できる」取引所になります。またビットバンクでは手数料無料キャンペーンを実施中のため取引手数料がかかりません。そのため販売所で購入する場合に比べ格安でアルトコインを調達出来ると思います。

そのビットバンクが貸仮想通貨サービスを2018年の4月を目途に開始する模様です。

この度、ビットバンク株式会社はbitbank.ccにおいて「仮想通貨を貸して増やす」サービスを4月より提供を開始することをお知らせ致します。

「仮想通貨を貸して増やす」とは、ビットバンクとお客様が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大5%の料率を乗じた仮想通貨を、利用料として1年後に受け取ることができるサービスです。

本サービスは、4月より提供を開始する予定です。初期においてはビットコインのみの仮想通貨を貸し出すことができますが、その他の仮想通貨の貸し出しについても、順次、対応を行っていく予定です。

引用:「仮想通貨を貸して増やす」サービス開始予告のお知らせ

発表によると1年単位の貸し出しになり、1年後に5%分の通貨を増して返して貰えるみたいです。もしかすると今は安いけど来年には大きく値上がりしていて、手が出しづらくなっている通貨が5%増加して返って来たらかなり嬉しいですよね。

他に気になる点としては、何枚から貸し出せるのか、何枚まで貸し出せるのか、ですが発表されている内容ですとビットコインの場合は「最小数量が1で最大数量が1000」です。アルトコインがどういう単位になるかは分かりませんが余り小口の場合は難しそうな気がします。行っても小数点1ケタ位でしょうか。

貸し対象は全アルトコイン

初めはビットコインのみ貸し出し可能になり、その後順を追ってイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル、モナコインが貸し出し可能になるとのことです。

もしこれらの通貨全銘柄を持っていて、かつ長期保有をお考えの方は全部貸し出すというのもありですね。で、忘れてしまうと。それが結構良い戦略かもしれません。

貸仮想通貨のリスク

とここまでは貸仮想通貨の良い点ばかりを挙げましたが、もちろんリスクが無いワケではありません。このサービスにもリスクはもちろんあります。

①取引所が潰れるリスク

②通貨が大幅に下落するリスク

リスクは大別すると以上の2つになるかと思います。

1つ目の取引所自体が倒産するリスクですが、これはコインチェックで貸仮想通貨を行っていた方は痛感されているかと思いますが、絶対安心はありませんし、あのような流出事故が一度起きただけで取引所は倒産する危険性があります。もしそれが現実に起きた場合返金される保証は全くありません。そのため、そんなことある訳無いと高をくくって貸し出すのはどうかと思います。

2つ目の通貨自体の下落リスクですが、貸し出してしまうともう動かせません。1年は塩漬けですので、例えばコインに何かの決定的な出来事があり価格が大幅に下落してしまっても、逃げる事が出来ません。なので1円になっても売らないぞという通貨、添い遂げる覚悟を持った通貨を貸し出されると良いと思います。

人気通貨のリップル(XRP)が取引で購入できる

ビットバンクレンディングサービス開始

貸し仮想通貨から話がそれますが、ビットバンクでは取り扱いのあるリップル(XRP)が取引所で購入できます。更に今はスプレッドがありませんので、日本で一番安くリップルを購入できる取引所と言えるかと思います。

あとは、ライトコインも取引で購入できます。今後もアルトコインが増えれば都度対応されていくと思いますので、ビットバンクさんには是非銘柄を増やしていただきたい所です。

ちょこちょこ買うも良し、多くを移してきて預けるも良し、コインチェックがまだまだ立ち直っていない現状では、ビットバンクはかなり使い勝手の良い取引所に位置づけられて来ているのではないでしょうか。少なくともリップルを仕込むには国内No1の取引所であることは間違いありません。

まとめ

今回の貸仮想通貨に関しては、前述したとおり正直リップラーが一番待ちわびていたサービスなのではという気がしています。

というのもリップルは長期で持たれる方が多いイメージがあり、単価も手ごろなため5%の枚数増加でもインパクトが多く感じられるからです。

現在は相場が下降トレンドのため、通貨全体の価格が安くなっていますし仕込み時と言えると思います。かくいう私も始めたばかりの頃に買ってすぐ手放したリップルを久しぶりに買いました笑。もちろんビットバンクで貸す予定です。

リップル保有者の方はビットバンク(Bitbank)を開設されている方は多いと思いますが、このサービスの登場により、益々リップラー必須の取引所になりそうですね。リップラーの方でまだ口座を開設されていない方はこの機会に作られてみてはいかがでしょうか。

※2018年4月に予定されているこのサービスは初めはビットコインのみです。アルトコインもそこまで時間はかからないかとは思いますが、すぐに貸し出し可能になるわけでは無い点に留意ください。

ビットバンク(Bitbank)の口座開設はこちら

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事
仮想通貨用語集
データ
仮想通貨の世界には様々な専門的な用語があります。株や為替のトレード用語がそのまま使われていたり、仮想通貨の世界独自で使われている用語もありま...