金融庁がバイナンスに警告か?営業を止めなければ刑事告発も

金融庁がバイナンスに警告か?営業を止めなければ刑事告発も

G20も終わり、ようやく峠を越えたかと思いきや、ここに来てまたネガティブな話題が出ています。仮想通貨の取引所としては世界最大級のバイナンス(本社:香港)に対し警視庁が未登録営業を辞めるよう警告を出す可能性が出てきました。

バイナンスへの警告

日経新聞の報道を引用します。

金融庁は世界最大の仮想通貨交換業者とされ、香港に本社を置くバイナンスに改正資金決済法に基づく警告を出す方針だ。同社は無登録のまま日本で営業しており、投資家が損害を被る恐れがあると判断した。営業をやめなければ、警察当局などと連携して刑事告発する。

引用:日経新聞「世界最大の仮想通貨業者に警告へ 無登録営業で金融庁」

報道によるとバイナンスは日本で営業行為を行っており、改正資金決済法上ではバイナンスは未登録上であるため取り締まるぞ、という事みたいです。

営業活動が何を指すのかはイマイチ不明瞭ですが、取引所の環境が日本にあるという事でしょうか?もしくは日本で法人や投資家相手に営業行為を行っているという事でしょうか。ん、香港でしょ??

そんなこんなで、ふと気になったのでぐぐってみたら以下サイトに分かりやすく記載がありました。

「Binance(バイナンス)の日本進出と日本支社について」

「中国のビットコイン業界で「日本行き」が流行している理由=中国メディア」

こちらの情報が正しければバイナンスは日本の支店の開設準備を行っており、まだ金融庁から認可が下りていないにも関わらずひっそりと運用を始めていた、という事になるかと思います。で、準備中でも分かんないだろ、ってこっそりやってたんならそりゃ駄目でしょう。

またニコニコニュースの内容からすると日本は規制が少なく結構な人・組織が入って来ているみたいです。これまた正しければ。

いずれにせよ深刻な問題につながりそうなのはこうした取引所がDCと契約するなどして大規模に日本での営業計画を進めていた場合です。もしそうであれば停止や撤退に大幅なリソースが必要となり、経営への影響もタダではすみません。

今回報道されているバイナンスは曲がりなりにも世界トップクラスの取引所ですから、こちらに影響が出れば相場もまたまた大荒れは必死です。やっと上向きかと思ったのに。。

引き続き状況を注視していきたいと思います。

ニュースカテゴリの最新記事