ビットバンクの「貸して増やす」サービスは5月開始予定

以前ビットバンクがレンディングサービスの開始を予告してから界隈も諸々様変わりしつつありますが、そろそろサービスが開始されそうです。

サービスローンチまで最終局面

当初4月頃を予定していたサービスですが、ようやく準備が整いつつあるみたいです。以下公式を引用します。

お客様より「仮想通貨を貸して増やす」サービス開始へのご期待を多くお寄せいただいておりますこと、厚く御礼申し上げます。大変恐れ入りますが、サービス開始に向けて最終調整を行なっておりますので今しばらくお待ち頂けますと幸いです。

「仮想通貨を貸して増やす」サービスの提供は5月中を予定しております。
引用:「仮想通貨を貸して増やす」サービスの提供時期について」

発表された時は仮想通貨全体の価格が下落していた時期で、予定していた4月も初旬は下落が継続していましたので、サービスを開始しても余り食いつかなかったように思います。
なので運営側もようやく相場も回復しつつある今がベストと判断したのではないでしょうか。これは憶測ですが、経営判断としては正しい気もします。

最初はビットコインから?

前回のアナウンスでは最初はビットコインの借り入れから始める旨の記載がありましたが、もし変更などなければそのまま順を追ってアルトコインのレンディングも開始されていくと思います。

ビットバンクは画面設計も良いですし、およそ日本の取引所では一番安くリップルを調達できる取引所なので、まだ貸付を検討中の方も開設はしておいて損は無いと思いますよ。

ビットバンク(Bitbank)の口座開設はこちら

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事
ICOが日本の切り札となる日
コラム
世界的にICOが禁止される中で日本は慎重に制度を整えながら解禁する方向に向かっています。ここではその日本の対応と今後のICOを考えてみました...