仮想通貨の銀行?バンクエラ(BANKERA)の紹介

じわじわと知名度を上げているICOバンクエラ。

リリースが先という事で慎重に考えていたのですが、プレICOであっという間に売り切れてしまったことや、インフルエンサーの強さを考えると爆発する可能性が高いと思います。

現在1BNK=2.6円(2018年1月時点)で購入でき、発行枚数が30億枚となっておりますので、ネムの3分の1程度をイメージすれば良いかと思います。確かにICOはリスク高いのですが、同じように良くわからない草コインを買うよりは夢見れるかもしれるかなと私は見ています。今回はそのバンクエラをご紹介します。なお、現在ICOセール中ですので購入を考えられている方はお早めに。

バンクエラ(BANKERA)とは

銀行の時代という名前のこの通貨は仮想通貨の銀行を目指しており、実現すれば仮想通貨を貯金し利息が貰えるというまさに銀行が出来上がります。という壮大なプロジェクトなのですが、では絵に描いた餅かというとNEM.io財団の代表、ロン・ウォン氏が参画しているなどバックボーンも相当な物です。

バンクエラは最終的にはあらゆる法定通貨と仮想通貨の代替を可能にし、ATMで出勤可能にするような世界を目指しています。その世界が実現するためには必要となるのがBANKつまり銀行というインフラそのものです。その点バンクエラは仮想通貨世界にも金融世界にもコネクションを持つ点は非常に大きな強みだと言えます。

自前の取引所スペクトロコイン

バンクエラは自前でスペクトロコインという取引所を有しています。QASHの時も書きましたが、ICOを考えた際に自前の取引所を持っているというのは絶対的な強みになります。

理由は単純で上場されない、値段がつかないという事が無いからです。スペクトロコインに上場されるタイミングは少し先みたいですが、それまでにも他の取引所に上場予定だそうですので、この時点で安心感が他のICOとは比べ物になりません。

このスペクトロコインはサイトもしっかりとした作りで、日本語対応、しかもおかしな日本語ではないため翻訳にもお金を使った(使っている)サイトです。この時点でスキャム(詐欺)度はかなり低い気がします。個人的な見解ですが、スキャムICOはパッと見綺麗なサイトを用意してますが、細部を見ると大分荒い作りです。これ、プロの方が見れば一発でわかります。おそらく皆さんでも少し調べれば見えて来るとは思います。少々脱線しましたが、その観点で見るとバンクエラは大丈夫でしょう(価格が上がるかはまた別ですが)

バンクエラの将来

ほとんどが投機目的である以上価格がどう動くかを気にされる方が大半だと思います。結論から言えばICOは絶好の機会です。というのは、最安値(付近)でつかめるからです。この利点は大きく、寝かせて高みの見物もよし、ある程度で売り払うもよし、選択肢を多く持てます。値段が上昇してから掴むと利確や塩漬けに悩まされる可能性が高くなります。これを回避するには下で掴むしかありませんが、それを狙うにはICOは絶好の機会だと思います。

また、ある意味では暴落に対するリスクヘッジという見方も出来ます。というのも仮想通貨はほぼビットコインに価格が連動します。上がるときはそれでも良いのですが、下がるときには悪材料が無いのにもかかわらずビットコインが下げたというだけでおもいっきり下げます。バンクエラの購入には法定通貨ユーロがベースとなっていますので現時点よりユーロが大幅に下げない限り、価値が担保されます。仮にビットコインが今後大幅に下げたとしてもBNKトークンはその影響を受けません。そのため、仮想通貨全体が下げトレンドの際にはICOに参加してしまうのは全然ありです。

なお、ICOを考える際には経営側がどの程度保有するかを考える必要がありますが、これもバンクエラは30%と非常に低い割合になっています。これはコムサは50%であることを考えると価格上昇の期待が高まりますね。

バンクエラICO時の発行枚数と価格

価格と発行枚数は以下の通りです。ソフトキャップが導入されており、早く買えば買うほど安く購入できます(ユーロ暴落などがなければ)

ICO時のBNK発行数と価格
25億BNK〜35億BNK 1BNKあたり0.017€
35億BNK〜45億BNK 1BNKあたり0.018€
45億BNK〜55億BNK 1BNKあたり0.019€
55億BNK〜65億BNK 1BNKあたり0.020€
65億BNK〜75億BNK 1BNKあたり0.021€
75億BNK〜85億BNK 1BNKあたり0.022€
85億BNK〜95億BNK 1BNKあたり0.023€
95億BNK〜100億BNK 1BNKあたり0.024€

バンクエラの購入方法と配当

現在ICOが既に始まっておりスペクトロコインで購入することが出来ます。

スペクトロコイン自体は免許証のコピーなど必要なく、メールアドレスだけで登録出来ます。その後はアドレスにビットコインなどの通貨を送り、その通貨を元にバンクエラ(BNK)をすぐに購入できます。ICOは売り切りで無くなり次第すぐに終了してしまいますので購入を考えられている方はお早めの購入をおすすめいたします。

バンクエラは配当システムがあり、毎週イーサリアムがバンクエラの保持数により配当として支払われます。この制度は凄く気づいたら何イーサも溜まっていたという方が多数いらっしゃいます。昨年はそこまで大きな価値ではありませんでしたが、イーサリアムの価格高騰により、かなりまとまった金額が配当として得られますので、定期的に弾を保有したい方はうってつけですね。てかイーサもまだまだ価格上げそうですし、すごくいいですよこれ。

まとめ

バンクエラは仮想通貨銀行システムを作り上げる事ができるのか、出来上がれば仮想通貨の世界のみならず実態経済まで影響を及ぼす大きな潮流になることは間違いないです。その先方として期待したいと思います。

ICOの一つの利点としては、今回のビットコインの下落などで仮想通貨全体が大きく価格を下げたとしても、投資した時点で数量が確定されるという事です。もし上に行かれた場合はビットコインで持っておけば良かったという反省になりますが、もし相場が大きく崩れるようであればマイナスを回避出来ます。負けの可能性が低くなるという点において、ICO参加による下落リスク回避という技は少し考えても良いかもしれませんね。

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事
2018年6月仮想通貨イベントまとめ
ニュース
仮想通貨のイベントスケジュール2018年の6月版になります。ビットコインにどうしても影響されてしまいますが、基本的にアルトコインはイベントで...
韓国で仮想通貨取引所禁止の噂
ニュース
韓国で過熱している仮想通貨に対して当局が禁止を検討しているという以下報道がありました。 韓国の朴相基(パク・サンギ)法相は11日、仮想通貨の...