Microsoft Azureに続きAWSもブロックチェーンサービスを導入

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークを利用したサービスの開始を発表しました。(参照:AWSブロックチェーンテンプレート

内容はAWSを利用してブロックチェーンの技術を簡単に導入できるとのことでイーサリアムやハイパーレジャーファブリックのネットワークをすぐに利用開始する事ができるとの事です。

そもそもAWS自体がそもそも分散化システムなので、発想としてはまんま同じであることからも、導入は既定路線だったと言えるでしょう。アマゾンは国や法律を飛び越えて様々な議論を巻き起こしていますが、現代において一番分散化技術をビジネスに落とし込み大成功している例の一つではないでしょうか。

MSのAZUREもブロックチェーン技術を提供

マイクロソフトのブロックチェーン活用

そのAWSのライバルの一つであるマイクロソフトのサービスであるAZUREもサービスへのブロックチェーン技術の導入を以前より行なっています。内容もAWSとほぼ同内容であることから、MSに対抗して満を辞してアマゾンがブロックチェーンの技術を導入してきたといった所でしょう。

で、こうなってくると気になるのがGoogle Cloud Platformを提供するグーグルですが、どうでしょうか、時間の問題な気もしますが。特にAWSの牙城を崩すべく躍起になっている現状からも動向を注視しているのは間違いありません。

バックエンドへのブロックチェーンの導入は今後進む?

企業のブロックチェーンの活用

ブロックチェーンの技術は通貨の側面、つまり決済の面がまだまだイメージとして強くあるかと思いますが、効率化、セキュリティ、スピードと裏側のシステムで求められる要件に大きく寄与するという事があります。

その筆頭格がリップルになるかと思いますが、どちらかといえばリップルも送金に特化した領域になるため、単純に高速処理技術にフォーカスした世に数多ある分野において需要は増すと思われます。まだまだ黎明期の技術という事もあり、事例が少ない事がネックですが今回のAWSのように大きなボリュームを持つ企業が取り入れてくると業界全体にも良い影響がもたらされると思います。

ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事
IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
ニュース
5月3日にIOTA財団がQubicプロジェクトを発表 IOTAは昨年末あたりに結構話題になっていた気がしますが、今年に入ってからは話題にされ...