バンクエラ(Bankera)が開発する取引所バンクエラエクスチェンジとは

バンクエラ(Bankera)が開発する取引所バンクエラエクスチェンジとは

バンクエラは仮想通貨の銀行を目指すという目標があり、私も当初は仮想通貨を預けたり法定通貨と交換して引き出しが出来るようになれば良いなと思っていたのですが、当面はスペクトロコインが主流で取引をしていこうと思ってました。しかしプロジェクトが進展するにつれて(というかバンクエラを調べるに連れて)気になるプロジェクトがある事に気づきました。

bankeraeXchange

バンクエラエクスチェンジ(デモ版)

ん、バンクエラ取引所も作ってるぞ。

これがなかなか良い出来なので、ここではこのバンクエラ取引所(Bankera eXchange)をご説明します。

バンクエラ

バンクエラエクスチェンジの特徴

バンクエラエクスチェンジ(Bankera eXchange)の特徴はBNKで取引をすると全ての仮想通貨の取引手数料が無料になるという点が挙げられます。BNKはもちろんこの取引所の核となる通貨ですから、上場したほとんど全ての通貨に対応すると見て良いと思います。気になる取り扱い銘柄に関しては以下バンクエラのTwitterより発表がありました。

こちらによると当初はユーロ、ビットコイン、イーサ、ダッシュ、ネム、バンクエラを取り扱う模様です。またリリース直後のトークンではありますが、IQeonというゲームプラットフォームの通貨やLYMPOというフィットネスにスポットを当てたプロジェクトの通貨も上場される見込みです。この取引所に通貨が増えれば増えるほど、その通貨の購入のためにBNKが買われるという現象が起こればバンクエラの大きな買い需要になるかもしれません。

こうした新興通貨を取り扱うのはHitBTCが良くやっていますが、バンクエラエクスチェンジもしばらくは同じように積極的に上場をさせて行くのかもしれません。ただし、闇雲に上場させてしまうと正直プレミア感が無くなってしまうので、ほどほどにキチンとプロジェクトを精査して上げていって欲しいですね。

バンクエラエクスチェンジの優位点

バンクエラ取引所の成長

バンクエラエクスチェンジはデモを確認頂くと分かりますが非常に見やすく、シンプルでいい感じです。ホルダーの割合を考えるとされなきゃ困るレベルですが、日本語対応も期待したいです。

今や大人気の取引所になったバイナンスや最近はあんまりですがクーコインも日本人が人気を押し上げた部分がかなり大きいと思います。バンクエラエクスチェンジも同じようになれば良いなあと思っていますが、どうなるかは皆さんが騒げるかどうかです笑、正直。

それはそれとして、これはバンクエラ全般(関わるスペクトロコインも含む)に言える事ですが、チームのデザインセンスが高いと感じています。この点はバイナンスよりも優位点があると言えるのではないでしょうか。

私はコインチェックがなぜ人気を獲得できたか、に関してはあの「造り」が貢献した部分が大きいと考えていますので、同じことをバンクエラエクスチェンジにも期待しています。まだデモの時点ではありますが、見やすいですし良い取引所になりそうな予感がプンプンしています。UI/UXの重要性はスマホ時代になり更に加速していますので、適当な翻訳(バンクエラは翻訳の精度も高いですよね)をしてたり、そもそも重たかったり、次にどうしたら良いか迷うような取引所は今後淘汰されていくと思います。

バンクエラエクスチェンジとBNKトークン

バンクエラの公式によると

バンカートークン各保有者には純取引利益分配額が利息として毎週支払われます。これはバンクエラの゙純取引利益の20%から構成され、毎週スマートコントラクトに送られます。例えば、バンクエラの1週間の純利益が1000万ユーロとした場合、200万ユーロが純取引利益分配額としてスマートコントラクトに送られます。


続いて、バンクエラのスマートコントラクトがトークン保有者にこの利益を按分します。仮に、もし計500億のバンカートークンあり、お客様がそのうちの100万バンカーを所有した場合、およそ40ユーロに相当する仮想通貨がお客様に配布されます

という記述があり、これがBNKがリリースされるまでのことを指すのか、今後も含めて言っているのかハッキリしませんが、もし今後も続いていくのであればバンクエラ取引所が人気の取引所になり取引高が増えればBNK保持者はより美味しい思いが出来ると思います。というか、そうなって欲しい笑。

もし、レベニューシェアが続くという事であれば、恐らく殆どの方がシェア分でBNKトークンを購入し、またシェアを待つというBNKへの買い圧力が発生すると思います。そうなると価格は高騰しますし、よりホルダーは握力が高くなりますよね。なので、「あくまで個人的な戦略」ですが、買い増そうと思っています。特に初期であればあるほど優位になれるかなと。

まとめ

バンクエラはまだ上場もされていないプロジェクトではありますので、余り過度な期待をかけるのも良くないと思いますが、取引所という目に見えるプロダクトがあることで期待感が上がりつつあります。

また、今年の1月から続く大きな下落トレンドも直撃は避けられた点も良かったかなと思います。もしスキャム(詐欺)であればさっさと上場させてゴールを迎えるというプロセスでしょうから、それをしなかった点だけでも個人的には評価しています。

まだまだ不安定な相場ですが、チームにはタイミングの見極めをビジネス的にやって頂いて通貨の価値が最大化するように進めて欲しいです。

ニュースカテゴリの最新記事