2017年12月仮想通貨イベントまとめ

仮想通貨はイベントで大きく値が動く事が多々あります。思わぬビッグサプライズにより上昇したり、煽るだけ煽って内容が大した事が無く大暴落と、イベントはコインのチームにとってある種の賭けにもなるのですが、それは投資家にとっても同じです。これは怪しいから直前で抜けようとか、期待が持てそうだから仕込もうなど皆さんも色々戦略があるかと思います。ここではその一つの指標としてイベント情報をお伝えします。尚、イベント内容は頻繁に変わりますので、あくまでもご参考程度に!

2017年12月ビットコイン・アルトコインイベント情報

12月9日 Einsteinium (EMC2) 1699157ブロックに達するとハードフォーク実施予定。Burnにより5500万コインを市場から減らす予定
12月11日 Stratis (STRAT) マスターノード,ブリーズウォレットリリース予定
12月11日 NEO (NEO) 東京でミートアップ開催
12月12日 Vertcoin (VTC) 840,000ブロックで半減期予定
12月12日 TenX (PAY) GEコミュニティーサミットが開催される
12月12日 Ethereum Classic (ETC) 5000000ブロックに達するとハードフォークが実施される。発行数制限2.1億ETCを設定する。ブロック報酬減
12月13日 NEO (NEO) ケンブリッジでNEOのmeetupが行われる
12月13日 Ethereum (ETH) ロンドンでイーサリアムの大規模meetupが実施
12月15日 ClearPoll (POLL) 100万トークンのバーン実施。市場供給から減る
12月15日 IOTA(IOTA) IOTA東京meetup
12月18日 Bitcoin (BTC) CMEでビットコイン取り扱い開始
12月23日予定(ブロック数により前後する) Lightning Bitcoin(ビットコインHF) 499999ブロックでハードフォークが実施される予定
12月24日 Nxt (NXT) ハードフォーク予定
12月29日 Steem (STEEM) 韓国取引所Coinrailに上場
12月31日 Lisk (LSK) Lisk core1.0のアップグレード実施予定

12月の目玉は何と言ってもビットコインの分裂祭りだと思いますが、気を付けたいのは取引所にて対応が異なる点です。特に日本の取引所は慎重な姿勢を取ることが多く、事前に殆どアナウンスが無いコインはまず付与されないと考えて良いでしょう。もし何がなんでも欲しいという方は事前に海外の取引所を複数開設しておくことをお勧めします。しかし送金づまりの問題もありますので、時間には余裕を持って送金されると良いと思います。

関連キーワード
ニュースの関連記事
  • ビットコインETFのハードル
    ビットコインETFとは何か?期待される点と懸念点
  • 仮想通貨オントロジー
    オントロジー(ONT)がメインネットスワップを発表ONGを配布予定
  • ビットバンクレンディング
    ビットバンクが仮想通貨の貸付サービスを開始、まずはビットコインから
  • 韓国匿名系暗号通貨規制
    コインチェックに続き韓国の仮想通貨取引所Korbitが匿名系暗号通貨の取引中止へ
  • IOTAQubic
    IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
  • 中国仮想通貨格付け
    中国の政府機関(CCID研究所)が仮想通貨の格付けを発表
おすすめの記事
2018年4月仮想通貨イベントまとめ
ニュース
仮想通貨のイベントスケジュール2018年の4月版になります。ビットコインにどうしても影響されてしまいますが、基本的にアルトコインはイベントで...
韓国で仮想通貨取引所禁止の噂
ニュース
韓国で過熱している仮想通貨に対して当局が禁止を検討しているという以下報道がありました。 韓国の朴相基(パク・サンギ)法相は11日、仮想通貨の...