仮想通貨の格付け一覧表(2018年2月23日時点)

weiss rating社が2018年1月に発表した仮想通貨の格付けは仮想通貨界に対しそれなりに話題を提供しました。信用に足る機関か?という突っ込みがあるかとは思いますが、ここではそのワイスレーティング社が発表した格付け表を記載しますので、お手すきの時にでもご確認ください。

2018年2月23日時点の仮想通貨格付け表(発表:ワイス・レーティング社)

通貨名 評価(2/23時点)
Ark(ARK) C
Bitcoin(BTC) C+
Bitcoin Cash(BCH) D+
Bitcoin Gold(BTG) D+
BitShares(BTS) C+
Burst(BURST) C
Byteball Bytes(GBYTE) C-
Bytecoin(BCN) C
Cardano(ADA) B-
Counterparty(XCP) C
Dash(DASH) C+
DigiByte(DGB) C-
Dogecoin(DOGE) C
EOS(EOS) B-
Ethereum(ETH) B+
Ethereum Classic(ETC) C+
GameCredits(GAME) D+
IOTA(IOT) C+
Komodo(KMD) C
Lisk(LSK) B
Litecoin(LTC) C+
Monero(XMR) C+
Nano(XRB) C
NEM(XEM) C+
NEO(NEO) A-
PIVX(PIVX) C
PotCoin(POT) D
Qtum(QTUM) C
ReddCoin(RDD) C-
Ripple(XRP) B+
Rise(RISE) D-
Skycoin(SKY) C
Steem(STEEM) B
Stellar(XLM) B+
Verge(XVG) C-
Waves(WAVES) C
Zcash(ZEC) C

注目はやはりNEO。何が好感されたか不明ですが、唯一のA-評価。確かにポテンシャルは高いので納得と言えば納得ですが、この短期間の内に評価が変化している時点でうーんと思ってしまいます。

他ではリスクもB評価になっており、今年のプロジェクトが好感されたのだと思います。

全体を通してまだまだ評価が定まらないのかなといった印象です。但し、それは投資家も同じかと思いますので、こうした評価を一蹴するのは簡単ですが、市場は反応する可能性がありますので一応気にしておきたいところです。

データの関連記事
  • BTCC取引所
    仮想通貨取引所BTCCとは?これまでの流れから独自トークンについてまで考えてみた
  • 取引所系トークン
    2018年に爆上げした取引所系トークンとそれぞれの特徴について
  • ネオンウォレット
    ネオンウォレット(Neon Wallet)の始め方と注意点まとめ
  • マイイーサウォレット
    マイイーサウォレットの始め方と注意点まとめ
  • 仮想通貨格付け
    仮想通貨の格付け一覧表(2018年5月時点)
  • 仮想通貨dapps通貨
    Dappsを考える「プラットフォーム」系通貨一覧
おすすめの記事
IOTAが謎のプロジェクトQubicを発表
ニュース
5月3日にIOTA財団がQubicプロジェクトを発表 IOTAは昨年末あたりに結構話題になっていた気がしますが、今年に入ってからは話題にされ...