仮想通貨を個人で守るウォレットのご紹介

まだ解決はしていませんが今回のコインチェックのGOX(盗難)事件を受けてあらためて取引所のウォレット(財布)は危険だという認識を多くの方が持たれたと思います。かくいう私もその一人なんですが・・。

とにかく今後は面倒くさがらずに嫌な思いをしないよう保有通貨は各ウォレットに保管し、自分で管理したいと考えております。今回は助かりました(かな?)が次は無いと思いますので。

ウォレットとは

そもそもウォレットとは何かというと、各人の持つ通貨を保管する財布アプリ(正確には違いますが、この方がイメージしやすいと思います)です。取引所にもウォレットはあり、そのお陰で素早い取引が可能になります。

しかし今回はそれが仇となり集中的に持っているがために取引所が狙われアウトになりました。ハッカーからすればここを攻略すれば一気に多くの通貨を奪えるため、取引所は常に狙われています。基本的にゴックスと呼ばれる事件は取引所にある大量のウォレット郡が狙われます。個人で管理する自宅PCのウォレットも狙われる危険はあるにはありますが、取引所の比ではありません。

そのウォレットにもウェブウォレット(web上のサービス)やハードウォレット(USB、または外付けハードディスクのイメージ)など多種あるのですが、ここでは各通貨が提供している公式のウォレットをご紹介します。※ビットコインはカウンターパーティーのウォレットインディースクエアになりますがビットコインも格納出来ます。日本語対応でおすすめです。

個人ウォレットで管理するということは責任はすべて自分になります。暗号鍵、パスワード忘れなど、また公式がアップデートした際の対応漏れなどでアクセス出来なくなると誰も助けられません(おそらく公式も)のでその点ご注意の上ご利用ください!

・ビットコイン、カウンターパーティー(インディースクエア):公式
・イーサリアム(マイイーサウォレット):公式
・イーサリアムクラシック(マイイーサウォレット):公式
・ライトコイン(ライトコインウォレット※ソフトだけで20GB程度消費してしまいます。またDLにも時間がかかります):公式
・ネム(ナノウォレット※日本語対応です):公式
・リスク(ナノウォレット):公式
・モナコイン(モナコインコア):公式
・ダッシュ(ダッシュウォレット):公式
・モネロ(ヘリウムヒドラ※日本語対応です):公式
・ネオ(ネオンウォレット):公式

関連キーワード
データの関連記事
  • BTCC取引所
    仮想通貨取引所BTCCとは?これまでの流れから独自トークンについてまで考えてみた
  • 取引所系トークン
    2018年に爆上げした取引所系トークンとそれぞれの特徴について
  • ネオンウォレット
    ネオンウォレット(Neon Wallet)の始め方と注意点まとめ
  • マイイーサウォレット
    マイイーサウォレットの始め方と注意点まとめ
  • 仮想通貨格付け
    仮想通貨の格付け一覧表(2018年5月時点)
  • 仮想通貨dapps通貨
    Dappsを考える「プラットフォーム」系通貨一覧
おすすめの記事
仮想通貨用語集
データ
仮想通貨の世界には様々な専門的な用語があります。株や為替のトレード用語がそのまま使われていたり、仮想通貨の世界独自で使われている用語もありま...