スマートエコノミーとは?ネオ(NEO)の目指す経済圏について

スマートエコノミーとは?ネオ(NEO)の目指す経済圏について

ビットコインやイーサリアム、リップルなどが日本の仮想通貨界隈で語られる事が多く、それは人気通貨の裏返しでもあるのですが、一方で世界的なマーケットを見た場合に無視出来ない通貨のひとつにネオ(NEO)があります。余り日本では語られる事が少ないネオですが、プロジェクトは確実に成長しており、特に2018年に入ってからはネオベースのプロジェクトが軒並みリリースされている現状から成長期に突入しつつある気がします。

ここではそのネオの目的であるスマートエコノミーと現在アクティブになっている通貨などをご紹介します。

ネオの掲げるスマートエコノミーとは

ネオのスマートエコノミー

ネオはスマートコントラクトの機能を持った通貨であり、その通貨に各人のIDとそれぞれの契約をリンクさせることで一つの経済が回す事が可能となる、これがネオの構想しているスマートエコノミーです。
これを公式HPでは以下のように表現しています。

デジタル資産 + デジタルアイデンティティ + スマート契約 = スマートな経済

Dappsの思想としてはこの考えは当然あって然るべきなのですが、現在この分野で先頭を突っ走るイーサリアムは各プロジェクトが乱立し過ぎており、収集が付かない状態(のように見えます)に陥っています。

中にはお店ゴーやカイバーネットワークのように優れたプロジェクトも存在しますが一方で中身の無いスキャム案件も相当数存在するため、今でも方々でERC20トークンの問題が取り沙汰されていますが、いずれ大きな問題となる事は避けられないと思います。

一方、ネオのプロジェクトはまだまだ普及していない事もありますが軒並み良い塩梅で、少なくとも全く管理、関知できない状態ではない程度でリリースされていると感じます。もちろん、全てが順調に行くはずはなく、頓挫するプロジェクトも中にはありますが、びっくりするようなスキャムICOが少ない事はスマート経済圏の構築にとっては良い事でしょう。ある意味ではイーサリアムが引き受けてくれているという見方もできるかもしれません。

Nep5規格とは

Nep5(Neo Enhancement Proposals 5)とはイーサリアムで言うところのERC20にあたりネオ系のトークンで利用される規格です。この規格で作成されたトークンのことをざっくりとネオ系の通貨と考えて良いです。

スマートコントラクトは、一般的に普及しているイーサリアムの場合はSolidityという独自のプログラミング言語を使わなければなりませんがNEOでは独自言語を決めておらず、多様な言語でスマートコントラクトを構築することができます。汎用性の高さは開発に取っては大きく、時間が立つほどに影響が出てくると思います。

Nep-5規格で誕生したネオ系のトークンたち

ということで長い前置きになりましたが、ネオのスマートエコノミーを構成する(?)トークンを以下にご紹介していきます。

通貨名 特徴
Red Pulse(RPX) 中国の経済情報をリアルタイムで発信するメディアプラットフォーム
DeepBlain Chain(DBC) 人工知能開発のプラットフォームを築くことを目的としたプロジェクト
QLINK(OLC) 携帯電話の通信ネットワークに関連したプロジェクト
Zeepin(ZPT) デジタル資産の権利保護を目的としたプラットフォーム
Ontology(ONT) 企業内で使用される分散型トラストシステムのブロックチェーンプラットフォーム
THEKEY(TKY) ブロックチェーンベースの身分証明ツールの開発
Switcheo (SWH) 分散型取引所
Neonexchange(NEX) 分散型取引所
Moonlight リクルートプラットフォーム
nOS(nOS) ネオプロジェクトにおけるOS

この他にも多数ありますが、ERC20トークンと比べた場合、数では比になりません。とはいえ、多ければ良いという物でもありません。

ERC20がwinなら、Nep-5はmac?

一部ではERC20トークンがウィンドウズであるのに対しNEP-5トークンはマッキントッシュのようだという方がいらっしゃいます。もちろんただの個人の例えなので額面通りには受け取れませんが、それでも今年に入ってからのNEP-5トークンの値上がりは大きく、あながち間違ってはいません・・・価格だけを見れば。

実際には、それらのプロジェクトが今後どのように花開くが鍵なのですが、そのためにNEOが上手くやっているなと感じるのはそれぞれのプロジェクトの距離感です。City of Zionと呼ばれる開発者グループの名前が示すとおり、一つの都市を作るかのように、様々な目的を持ったプロジェクトが今後プロダクトを開発し、それぞれが成長し有機的に関わりだした時、ネオの目指すスマートエコノミーが姿を現すのではないでしょうか。

まとめ

2018年初頭の上昇銘柄であるONTや大人気ICOであるNEON EXCHANGEが結果を見せているようにNEP-5トークンの人気は日増しに高まっています(一方でNEO自体は伸び悩んでいるという側面もあるのですが・・・)

いずれにせよNEOはここまでの所イーサリアムをなぞるような軌跡を辿っているように見えます。相場にはどうしても逆らえないのですが、もし何かの切欠にブレイクスルーした場合最高値を更新し、更にはイーサリアムを越えても不思議ではありません。少なくともDappsのプロジェクトでイーサリアムに次ぐ第二番手はNEOだと思いますので。

データカテゴリの最新記事