ネオンウォレット(Neon Wallet)の始め方と注意点まとめ

ネオンウォレット(Neon Wallet)の始め方と注意点まとめ

中国発のDapps系プロジェクトであるネオ(NEO)にはウォレット(財布)があり、このウォレットにNEOを保有しておくだけでGASというトークンが受け取れます。バイナンスなどの取引所でも配布はありますが、配布されるタイミングがマチマチだったり、割合が不透明であったりとなんか嫌な感じなので、もしネオを保有される方、特にガチホされる方がいましたらウォレットに移すことをおすすめします。ここではそのネオンウォレット(NEON wallet)の使い方と注意点をまとめています。

インストール型のネオ財布ネオンウォレット

ネオンウォレットは各自の端末にインストールして利用できるデスクトップ型のウォレットです。現在はwindows版とMAc OS版とLinux版がリリースされており、スマホでは利用できません。そのため使うにはPCが必須になります。

特徴としては、基本的に他の通貨のウォレットと同じですが、唯一面白いなと感じたのが、付与されるGASトークンがリアルタイムで反映されていく所です。このUXはかなり有効だと思っていて、ネオの安定感もこの辺りにあるのかなと思ったりもします。ぜひホルダーの方は試してみてください。

ネオンウォレットの始め方

NEON walletのサイトに移動します。
https://neonwallet.com/

Windowsを使っている方はwindowsマークのDownloadを押します。Macをお使いの方はMac OSです、まんまですね。

ダウンロードした実行ファイルをクリックするとインストールが始まり、アプリがインストールされます。インストールされた後、起動すると上記の画面になります。早速財布を作りましょう。「Create a new wallet」を押します。

これだけでウォレットの設定は完了です。以下のようにウォレットの情報が表示されますので大切に保管してください。内容は、左上のQRコードがウォレットのアドレスで、右のQRコードがプライベートキーのQRコード。左下の情報は上から、入力したパスフレーズ、公開されているアドレス、暗号鍵、秘密鍵になります。そしてその下にある空欄にこのウォレットのアカウント名を指定します。

以上でウォレットの作成完了です。1~2分で作れますね。

NEON walletの使い方

続いてネオンウォレットの使い方は以下の手順で行います。ウォレット情報にアクセスする方法は複数ありますが、ここでは秘密鍵(private key)を使ってログインします。「Login using a private key」を押します。その後表示された画面にてprivate keyを貼り付けてログインしてください。

ログインが成功すると以下のような管理画面になります。分かりやすいです。NEOの保有数とGASの保有数が表示されます。画面左上の「Send」が送金「Receive」が入金になります。いずれも必要な情報の入力画面が表示されます。Sendであれば送り先のアドレスの入力欄、入金であれば、このウォレットの入金用アドレスが表示されます。

以上が主なNEON walletの機能ですが、このウォレットの一番の特徴は繰り返しますが、日々溜まっていくGASですw。NEOの価格上昇にはこのウォレットのUI/UXが大きく貢献していると思うくらい使いやすく理解しやすいウォレットです。

注意点

これはどのウォレットも共通ですが、ユーザー保有のウォレットは各人の管理が全てです。パスフレーズを無くした、分からなくなった、となっても誰も助けられません。このことをセルフゴックスなどと呼んだりもしますが、取引所に預けていてハッカーに攻撃をされる以上に己の管理の方が危険であるという人もいるくらいです。

とはいえ通常に使う分にはなんら問題はありません。パスワードを漏らさず、忘れず、ネオンウォレットでGASを溜めましょう。良いウォレットですよ、これ。

データカテゴリの最新記事