マイイーサウォレットの始め方と注意点まとめ

マイイーサウォレットの始め方と注意点まとめ

イーサリアムや関連したトークンを個人て保管するにはマイイーサウォレット(MEW)が一般的なツールになります。MEWは確かにややこしいのですが、取引所のウォレットに保管しておくと、GOXの被害に遭ったり、取引所が消えて無くなったりと自分以外のリスクが付きまとうので、場合により利用されると良いと思います。ここではMEWの始め方と注意点をまとめました。

資産自己管理ツールマイイーサウォレット

使い方の前に簡単に説明しておくとMEWはWEBにあるウォレットを自分で管理した秘密鍵を用いて操作する、デスクトップウォレットとWEBウォレットの中間のようなものです。オンラインウォレットという呼び名が一番しっくりくるかと思います。秘密鍵自体はWEBには無いため、仮にハッカーに狙われたとしても秘密鍵の情報を知る者以外は誰も操作できません。このことからセキュリティがある意味では高いウォレットです。

しかし、秘密鍵情報を知る者以外は誰も操作できないという事は、逆にいえば誰であろうと助ける事が出来ない事を意味しますし、もし万が一漏れてしまった場合はあっという間に資産を失うという事にもなります。このあたりをどのように考えるかがポイントかなあと思います。

またサービス提供者が何らかの理由でサイトを閉じてしまった場合なども取り返すのは困難になります。これはモジュールがあくまでも手元には無いためです。

ただし、こうしたリスクは自前で対応することが可能かと思いますのでMEWは上手く活用していくのがベターだと思います。

マイイーサウォレットの始め方

まずは何はともあれMEWのサイトに移動します。
https://www.myetherwallet.com/

移動後は慣れている方は別ですがほとんどの方は日本語が良いと思うので画面右上の言語設定で日本語を選択しておきましょう。

マイイーサウォレット使い方

で、実はここが一番のポイントです。
現在フィッシングサイトと呼ばれる本物そっくりなサイトを用意し秘密鍵の情報を盗み取る行為が横行しています。そのため変なサイトや広告からマイイーサウォレットに移動するとフィッシングサイトに誘導される恐れがありますので、細心の注意を払ってください。移動した後は必ずブックマークを行って以後はブックマークから移動する事をおすすめします。

マイイーサウォレット使い方

日本語に翻訳されました。画面中央にあるスペースにこのウォレットのパスワードを設定します。お好みですが、より強固なパスワードが当然ベターです。入力し終わったらお財布の作成を押します。

マイイーサウォレット使い方

続いてkyestoreファイルをダウンロードします。中央のダウンロードkeystoreファイルを押します。これにはこのウォレットに関する重要なデータが詰まってますので”絶対に”無くさず、また外部にも漏らさないようにしてください。

保存した後、下部の「わかりました、続けます」ボタンを押すと以下の内容のページに遷移します。

マイイーサウォレット使い方

表示される秘密鍵情報は最重要情報ですので、こちらも絶対に無くさず、漏らさずで行ってください。

以上でウォレットの作成が完了しました。簡単です。

MEWの使い方

基本的にMEWの用途としては通貨情報の保管(といってもここにある訳ではないのですが)と入手金かと思います。

マイイーサウォレット使い方

私は秘密鍵情報で操作するのが簡単で好きなので、それを使って操作する方法でご説明すると、操作時には上の画像のように秘密鍵情報を貼り付けて、最後に現れる解錠ボタンを押すことで操作が可能になります。

マイイーサウォレット使い方

たとえば「お財布情報の確認」では現在のウォレットの内容が確認出来ます。ここで表示される「あなたのアドレス」がイーサリアムのアドレスになります。取引所などから送付する場合はこちらを指定すれば届きます。下にはQRコードもつきますので、スマホからなどはこちらも便利です。

マイイーサウォレット使い方

もう一つが送金です。「Ether/トークンの送出」で行います。送出先のアドレスに送り先のイーサのアドレス、後は数量を指定し最後にガスリミットを指定してトランザクションを生成で完了です。

このガスリミットって何者って事ですが、これは取引記録を残すマイナーに対して支払われる手数料のことです。1ガスの単位はweiになり1wei=xxイーサと相場で手数料が変動します。ただweiなんて持っていないという方、大丈夫です、結局はイーサリアムが手数料としてウォレットから引かれますので。そのため、保有イーサ全てが丸々送金出来るわけではないです。この辺りは取引所と余り変わりはないと言えます。

主に使う用途はこの2つかと思います。ICOに参加するとき等の方法はまた別の機会に。

注意点

最後にこのMEWの注意点を列挙します。大体分かるかと思いますが、このオンラインウォレットの注意点は以下です。

・秘密鍵情報をはじめとするアクセス情報の管理
・完全自己責任
・フィッシング詐欺などの被害

このウォレットはアクセス情報が肝です。これを失ってしまうと完全に取り戻せません。しかし一方では誰にも知らせる事が出来ないため完全に自己責任で管理する事になります。何億円上げるから取り戻してくれといわれても不可能です。また、こうした事情を悪用してフィッシング詐欺がしばしば起こっているのも見過ごせない所です。似たようなサイトを作りそちらに誘導し秘密鍵情報を入力させ盗むという手口です。特にICOに絡んでの被害が大きいので、細心の注意が必要です。

そんなリスクを負ってまで使いたくない、というのはある意味では正解です。ただコインチェック事件を見ても分かるとおり、では取引所は安全かと言われると必ずしもそうではありません。そのため、ある程度は割り切って使うというのも手です。特にICOやエアドロップで指定されるアドレスはほぼMEWのアドレスになりますので利用する機会が多いと思います。そのためある程度はリスクを見つつ利用されると良いと思います。

データカテゴリの最新記事