仮想通貨の始め方。これだけでOKです、断言します。

これから仮想通貨を始めようかとお考えの方へ仮想通貨の始め方をご紹介します。
私自身も調べつつ始めましたが振り返ると無駄が多く勿体なかったと感じています。
そのため皆様にはサクッと始めれるように必要な事をまとめました、ご参考になさってください。

用意する物

仮想通貨の始め方用意するもの

事前に用意する物は以下4点です。

①スマホ
②Google認証アプリ
③メールアドレス
④免許証又は本人確認書類(保険証など公的なもの)の画像(裏・表をそれぞれ写メで構いません)

仮想通貨はオンライン上で資産を管理する為、二段階認証が強烈に勧められています。①・②が必要なのはそのためです。二段階認証は必須ではありませんが、設定しなければならないと考えて下さい。すぐに終わります。

③は取引所へログインするためのメールアドレス、④は取引口座開設のために画像を添付し送らなければならないために必要です。

何はともあれ取引所へ登録

仮想通貨の始め方取引所に登録

取引所への登録は細かな差はありますが、基本的に以下の流れです。

口座開設ボタンを押す→メールアドレス・パスワード・住所・氏名など記入フォームに記載→本人確認書類データをフォームに添付して送付

設定するメールアドレスはお好みですが、余り分けすぎると不明になったりしまうのでまとめた方が良いかと思います。

ではその作るべき取引所口座はどこか?以下の取引所の口座を作ってください。理由も記載します。


・ビットトレード(ベーシックな通貨を取り扱っており入門に最適)
・zaif(癖のある面白いコインが多数、世界でzaifしか扱っていないオリジナル銘柄もあり)
・バイナンス(香港の取引所。日本では買えない膨大な数のコインを取り扱っている)

以下はFX(信用取引)を行いたい方は必須の取引所です。何倍にも資金を膨らませて取引を行いたい方は必須です。
DMMビットコイン(DMMグループの取引所。アルトコインのレバレッジ取引が可能)
ビットフライヤー(ビットコインFXの画面設計が秀逸、ほぼほぼFX専用口座)

取引所の開設までは数日~1、2週間必要

仮想通貨の始め方口座開設

登録を行ってすぐに口座開設、取引が出来ると思ったら大間違い、上記で送ったデータを取引所で精査→本人確認のためのハガキを取引所が送付→受け取ったら取引が出来るようになります。

このハガキの送付には現在どの取引所も申し込みが殺到しており時間が非常にかかります。基本的に口座開設は無料ですので、初めに上で上げた取引所すべてを一気に申し込みしてしまう事をおすすめします。

サイトのブックマーク・アプリのインストール

初めに必要なサイト・アプリは以下の通りです。

・コインマーケットキャップ(世界各地の通貨情報サイト)
・クリプトフォリオ(保有通貨の管理アプリ)
・Twitter(SNS)

コインマーケットキャップは各通貨を相対的に見れるデータサイト、クリプトフォリオは購入した通貨の履歴をまとめて管理できる超絶アプリ、そしてTwitterは仮想通貨界では必須です。触ったことが無い方はこれを機会に始めるしかありません。いずれも必須です。

おすすめyoutubeで学習

ハガキの到着まで結構時間がかかりますので、その間に予習をしましょう。おすすめは以下です。

・神王TV

・柴田晃佑 FPファイナンシャルプランナー

・トレーダーペカチュウ

神王TVはバラエティ番組のように楽しみながら仮想通貨を知る事が出来ます。柴田氏はFPらしく明瞭な切り口で買ってはいけないなどズバズバ指摘している点が好印象です。トレーダーペカチュウ氏は更新頻度少なめですが価格チャートとその分析を分かりやすく説明してくれます。ユーチューバーは沢山いますのでご自身が分かりやすいと感じる方を探すのも楽しいです。

本人確認用のハガキを受け取ったら口座開設完了。銀行やコンビニから日本円を入金し取引開始

仮想通貨取引開始

その内本人確認用のハガキが自宅に届くと思います。これを受け取るとどういう仕組みか不明ですが、早ければ受け取った当日から口座が出来上がり取引が出来るようになります。

振込方法は日中3時までなら銀行振り込みで、それ以降はコンビニ入金が良いと思います。正直手数料が非常に高いためクレジットカード払いは富豪以外おススメ出来ません。

入金後反映がされないなど感じることがあります。それは取引所の手続きが遅れているためが殆どかと思います。但し、銀行入金の場合15時を過ぎてしまうと取引所に反映されるのは翌営業日になってしまうかと思いますので注意が必要です。

取引き開始後オススメは少額を転がす。

投資は自己責任ですから、どういう取引きをするかは自己責任です。ですが、敢えて言うといきなり全力で買うのはオススメできません。価格の値動きの特徴や相場の動き方がわからないまま全額で言ってしまうのは博打だと思います。

そのため、少額を勉強代として投入し、取引きを行うと良いです。ある程度知識がつき感覚を掴めたら少しづつ増して行くと良いと思います。

まとめ

以上になります。実は銀行の口座開設とは異なり印鑑が必要ではありません。そのため登録後すぐ始められると思いがちですが、ハガキの到着は取引所に応じて非常に遅い場合がありますので、出来るなら1回で上記3取引所を一気に作ってしまえば後々面倒くさく無くて良いと思います。

最後に海外取引所バイナンスの口座開設ですがこちらはメールアドレスとGoogle認証だけで開始出来ます。しかし、日本円の入金が出来ないため日本の取引所でビットコイン等を購入しバイナンスへ送金する必要があります。バイナンスにてビットコインを使って他の通貨を買うなどし取引を行っていきます。

関連キーワード
データの関連記事
  • BTCC取引所
    仮想通貨取引所BTCCとは?これまでの流れから独自トークンについてまで考えてみた
  • 取引所系トークン
    2018年に爆上げした取引所系トークンとそれぞれの特徴について
  • ネオンウォレット
    ネオンウォレット(Neon Wallet)の始め方と注意点まとめ
  • マイイーサウォレット
    マイイーサウォレットの始め方と注意点まとめ
  • 仮想通貨格付け
    仮想通貨の格付け一覧表(2018年5月時点)
  • 仮想通貨dapps通貨
    Dappsを考える「プラットフォーム」系通貨一覧
おすすめの記事