QUONIEX(コインエクスチェンジ)のICO「QASH」の情報についてご説明します

コインエクスチェンジという取引所が開始する「LIQUID」のICOの情報をお伝えします。

賛否両論あるICO

加熱しまくっていた今年前半とは打って変わり、95%以上が詐欺と巷でささやかれてる(?)ICOですが、一方で当たれば大きいのも事実です。したがって一発を夢見るならばやはりICO狙いというのは間違いありません。玉石混合で直前になって内容が大幅に変更されたりもしますし、さらに言うとコムサのようにトークンセール中に内容が変わったりもします、要は暗闇状態ですね。その中でいかにババを引かないかがICO案件に投資するには必須だと思います。

ICOを見きわめる上で重要な点

ところで、どのICOに参加するか見きわめる上で一番重要な点は何でしょうか。私の考えでは将来性やネームバリューでは無いです。それは取引所に上場されるか、です。この点は間違い無いと思います。取引所に上がりさえすれば価値はつきますし、そこから上がるにせよ暴落するにせよ少なくともチャンスがある事は間違いないです。上場もされず、プロジェクト自体も不透明なICOは結局うやむやになりドロンされる危険性が高いです。これがまかり通っているからICOは危険なんですね。

では、どういう性質のICOがおすすめなのか

これは取引所がキーだと考えると取引所、またはその運営母体が主体となるICOだと思います。市場に流通させられるプラットフォームが既にあるわけですから、価値がどのように動くかだけを考えれば良いのです。また多くのドロンする案件というのは脆弱なビジネスしか持っていません。というよりこれからビジネスを始める段階です。それと引き換えコインエクスチェンジ取引所というのは大きなビジネスであり、非常に美味しいビジネスでもあります。それを投げ捨ててまでドロンするメリットはそんなにありません。特に仮想通貨は成長産業でこれから参入者も見込めるため手放すメリットは全くありません。つまりこのプロジェクトは普通に遂行される可能性が高いと私は判断しました。

コインエクスチェンジ(取引所)主体のICO

前置きが長くなりましたが、LIQUIDプロジェクトはコインエクスチェンジ(QUOINEX)という取引所が主体となっているICO案件です。あまり耳慣れ無い方もいらっしゃると思いますが、実は運営会社のQUOINEXは金融庁の仮装通貨交換事業社に登録されています。実は日本で大人気のコインチェックも未だ登録(審査中?)はされていない狭き門を通ったお墨付きの取引所なのです。その運営が開始するICOはかなり角度が高いんじゃないかと思います。もし懸念点があるとすれば、若干発行枚数が多いかなという点です。おそらく多くの方はすぐの売り抜けを考えていると思われますので、売り場を逃してしまった際は長期塩漬けになってしまう危険性があります。ただし今回のトークンセールは先日より開催中の大人気ICOコムサ(COMSA)とは違い上限がある為、売り切れた場合は上場後もある程度の買いがあると思いますし、残れば希少性が高まります。個人的には後者の展開を期待しているんですが、どうなるでしょうか。

QASHトークンセール

LIQUIDプロジェクトのICO(QASHトークンセール)が11/6から開始されます。金融庁登録仮想通貨交換業者が行う
世界初のICOという事で、業者はもとより各国政府や金融機関も注目しているのではないでしょうか。時期がコムサの終了直後というのが何か嫌な感じもしないでもないですが、気をつけておきたいのは、日本向けのセールの参加方法は他の国と異なるため口座を開設しておく必要があります。更に言うとQUOINEXはポロニエックスやビットレックスとは違い、本人確認書類の提出やハガキの受け取りなどが必要みたいです。日本の取引所の口座開設をイメージして頂くと分かりやすいと思います。その上で口座にビットコインやイーサリアムを移して、取引所内でトークンを購入するようです。予定されているセールの詳細は以下の通りです

トークン名 QASH
発行総数 1,000,000,000 QASH
トークン販売価格 1 QASH = 0.001 ETH
※1ETHを32,000円(10月25日時点)とすると1QASHは32円
トークン最大販売数 500,000,000 QASH~500,000 ETH
トークン最小販売数 50,000,000 QASH~50,000 ETH
※日本の取引所QUOINEの海外子会社が主体となるICO。Bitfinexとも提携済みで上場が決定とのこと!

重要!ICOでの価格は0.001イーサリアム=1QASHです。

トークン購入のため必要なこと

このトークンセールには各々が用意しているウォレットではなく、QUOINEX取引所での受け渡しになる模様です。そのため参加したい方は取引所を開設する必要があります。他のイーサリアムベースのICOはマイイーサウォレットなどの設定が必要になる事は多いのですが、ここがフィッシングサイトへの誘導など、攻撃される危険が高いと判断されたのでしょうか。いずれにせよ取引所でやりとり出来るのであればある意味容易く参加出来ますね。

トークンセール期間

QASHトークンセールは、最低販売期間(1週間)を経過した後、購入要求数が最大販売数(500,000,000 QASH)に達した時点、または最長販売期間(販売開始の1ヶ月後)が終了した時点のいずれか早く到来する時点で終了です。

最後に気になるプレセールの特典は?

いかがでしたでしょうか。最後に一番気になる特典ですが11/6-9までは20%割引、11/9-12までは10%ボーナスとのことです。やはり早い者勝ちですね。この案件は運営会社がシンガポールなんですが、開発者や関係者に日本の大企業の面々がずらっといます。そのため、これも安心感を強める要素かなと思います。そして最後になりますが、私が投資を決意した一番の理由が「QUOINEの矜持にかけてより良いサービスをお届けします」という力強い文言。これが最終的な決め手です。サイトやLPの作りもお金かけてて素晴らしい作りですので一度ご覧あれ。最後に月並みになりますが投資は自己責任ですので、熟考なさってからお決めになってくださいね。

関連キーワード
データの関連記事
  • BTCC取引所
    仮想通貨取引所BTCCとは?これまでの流れから独自トークンについてまで考えてみた
  • 取引所系トークン
    2018年に爆上げした取引所系トークンとそれぞれの特徴について
  • ネオンウォレット
    ネオンウォレット(Neon Wallet)の始め方と注意点まとめ
  • マイイーサウォレット
    マイイーサウォレットの始め方と注意点まとめ
  • 仮想通貨格付け
    仮想通貨の格付け一覧表(2018年5月時点)
  • 仮想通貨dapps通貨
    Dappsを考える「プラットフォーム」系通貨一覧
おすすめの記事