余剰資金で仮想通貨取引をやる事の超有効性

仮想通貨のユーチューバー・ブロガー・トレーダー皆が口を揃えて何度も何度も言うのが余剰資金、遊び金で取引をしろ、です。一々言われなくともわかっとるという方はいらっしゃると思うのですが、失ってもいい金でやると結果仮想通貨の取引で勝てるようになると思います。もしこれから始めようとされている方、または既に負けている方にも何かしらのヒントになれば幸いです。またまたメンタルの話になってしまいますが、気になる方はお付き合いください。

仮想通貨取引で一番重要な要素はメンタル

メンタルです。これは仮想通貨に限った話では無いかもしれませんが、勝つためには強いメンタルが要求されます。

理由としては
①価格の変動幅が大きすぎること
②ファンダメンタルズが強すぎること
が挙げられます。

①に関しては価格の変動が大きすぎるがゆえに狼狽しやすくなります。平気で3~40%の上下が発生しますので、歓喜と絶望が繰り返されます。その中で平静を保つのは並大抵のことではありません。

歴戦のトレーダーの方々も口では下落しても何も思わないと言いますが、個人的にはそんな事は無いと思います。彼らも相当狼狽しているはずです。資産が50%溶けて何も思わないはずが無いです。長年相場を見てきた人でさえそう感じるのですから、初めて取引をしている人はその何倍ものショックを受けるはずです。ですので結果として狼狽の度合いを小さくするため余剰資金、小銭でやる事がベストです。とにかく変動幅に煽られて冷静な判断ができなくなることは悪手です。

続いて②ですが、仮想通貨は規制や禁止や扱い開始など外部要因に大きく影響受けます。それらの槍玉に挙げられるのはほぼビットコインですが、そのビットコインの価格が他の通貨にも大きく影響を及ぼすため、結果仮想通貨全体が大きく動きます。

これによりテクニカル分析が途端に意味を成さなくなる為、ここでも同様が生まれます。とある通貨にグッドニュースが舞い込んで来ても、その翌日にビットコインが下落し大幅に価格を落とすと、その通貨も一転大幅に下落します。グッドニュースや時には実需が生まれるにも関わらず価格を落とす、この不条理こそが仮想通貨相場の特徴です。

①と②両方に言えることは不確定要素が多すぎるという事です。最悪のシナリオとして、仮想通貨が終了するという事があります。ドルや円、または株式(特定の株ではなく)が廃止、無価値化するという事は考えられませんが、仮想通貨はそれが起こりうる世界です。そのため、投機の側面が強いという事になります。永遠に続くレースに馬券を握るような事をしていますので、これは普通の神経ではメンタルを安定させるのは絶対無理ですね。

ではどうやってメンタルを安定させるのか

これは実は簡単で、大して金をかけなければ良いだけの話です。今回の話ではそれが結論なのですが、結果としてそれがメンタルを安定させ冷静な取引につながっていきます。

投資の世界ではよく大口程勝つという話があります。これは結局余剰資金で取引を行うためスっても気にならないという事が大きいと言われており、余裕が勝敗に直結するという例です。

考えてみれば相場は体力勝負では無いので、絶対に負けないという気持ちを持っても意味がありません。そう思い込み続けることで自分に暗示をかけ、それが結果ガチホに繋がるのであれば、将来価格が上がる未来が訪れたときに結果を得ることが出来るでしょう。

しかし必ず上がることの保障は無いですし、適度にあがったところを利食いをして足を洗うというのも間違っているとは思いません。または仮想通貨で痛い目を見た分、他で結果が出るのであれば、それは成功だったと言えるかもしれません。

要は勝つには運も多分にありますし、のめり込んでも良い結果が付いてくるとは限らないという事です。ですから、価格が上がろうが下がろうが気にしないレベルで取引を続け、結果勝ったらいいな位がいいのでは無いかと思います。既に大きく張っている方には中々難しい判断ですが、借金してまでつぎ込むのは少し違うかなと思います。

積み立て投資最強説

気にしないレベルで淡々と小額を買い続けることの優位性は多くの方がおすすめしています。これはドルコスト平均法と呼ばれる手法で、決まった金額を毎月平均価格で購入していくという手法になります。つまらない話に聞こえるかもしれませんが、私もこれは一番強いと思います。

上がったときに買うことは誰でも出来ます、しかし皆下がっている時に買えないから、得られる利益が少なくなってしまいます。この積み立て購入法は機械的に買うため下がっている時も拾えるのです。これが大きな強みです。

おそらくどのトレーダーも下がっている時に買うのは難しいと思います。特に仮想通貨の世界ではなおさらです。一発一発に一喜一憂したいのが目的であればこれはまったく必要ありません。しかしリスクを可能な限り減らし勝機を高めたいと考えるのであれば積み立て購入は超絶お勧めします。ポートフォリオに組み入れても良いと思います。

まとめ

余剰資金でやる事のメリットは結局メンタルの安定の確保です。商売っ気の強いトレーダーがやたらとメンタルを強調するのも負けが込む→メンタルがやられる→商材・セミナーが売れる、ということを知っているからです。そうした人からすれば余剰資金で積み立て投資などは全くの論外でしょう。止めてくれという話かと思います。

しかしチャートに張り付くと疲弊しますし、仮想通貨以外の事に時間を割くことができなくなります。それ位仮想通貨の中毒性はヤバいです。ですので、もし年始の下落などで負けてしまい、一旦リセットしたいと考えている方は1~2ヶ月は積み立て投資に切り替えて、相場を忘れるというのも良いのでは無いでしょうか。それで完全に忘れてしまって、年末に思い出し、現時点の負けなど遥かに凌駕する金額に通貨が成長しているかもしれませんよ。

現在、日本の取引所で積み立て投資が出来るのはzaifのみです。そのためもし積み立てを考えているのであればzaifの口座開設をお勧めします。

関連キーワード
コラムの関連記事
  • 仮想通貨とFUD
    FUDとは?吹き荒れるネガティブ話の信憑性
  • バンクエラ
    バンクエラ売れ残り分が分配される!気になる上場後の価格予想
  • クリプトカレンシーズ
    CC銘柄で考える2018年今後の「再」予想
  • 仮想通貨勝ち方
    余剰資金で仮想通貨取引をやる事の超有効性
  • ICOバンクエラ
    いま配当型トークン、バンクエラを買うべき理由
  • 仮想通貨下降トレンド
    【仮想通貨】下落トレンド時の立ち回り方について
おすすめの記事