【仮想通貨】下落トレンド時の立ち回り方について

【仮想通貨】下落トレンド時の立ち回り方について

ビットコインの価格が12/15に220万で頭を打ってから下降しており、先日の1/16,17の下落で100万をつけた後反発しましたが、以前のように力強さが無く、トレンドラインを突き抜けるまでには至っていません。どこで火が着くか分からないのが仮想通貨ですが、しばらくは下向きの状態が継続する可能性があります。そこでここでは下落トレンド時の立ち回り方について考えてみました。何かのご参考にして頂ければと思います。

下落は最高の買い場

まんまです。下落時は以前まで高値でなかなか手が出なかった通貨が価格を落としてきますので、枚数を集めたい方は仕込み時です。これはビットコインに留まらず、アルトコインは更に価格を下げる傾向がありますので気になっていた通貨を買うにはチャンスだと言えます。

そしてここでの注意点は一発で一気に買わないことです。というのも一気に買ってしまって持ち金を尽くしてしまうと更に落ちたときに買いに入れなくなってしまいます。そのため、価格の幅を見極めてポイントポイントで買い増して行くと良いです。買い方としては価格で決めて機械的に買うと迷いが無くなるので良いです。もっと下がるという観念がどうしても生まれてしまうので、やはりマシーンのように買っていくことをお勧めします。

但し、ナンピンに関しては下手なナンピンすかんぴんという格言があるとおり、一定のリスクがあり、プロトレーダーの方は回避される方が多いです。そうしたリスクを負っても追いかけたい通貨がある場合は行うと良いと思います。また、買い増しは往々にして余剰資金を上回って行う方が多いと思いますので、ご自身でこれはのめり込み過ぎだと考えられる場合は控えた方が賢明かと思います。

スキャルピングで利ざやを稼ぐ

これは非常に難しいため気をつけて行わなければなりませんが、一つの手法です。スキャルピングとは少しの利益ですぐに利確を行う超短期トレードの事です。

チャートの波を見極める必要がありますが、これが出来れば下落しながらコツコツ利益を上げれますので、上昇トレンドに転換するまでに資金を蓄える事ができます。

このスキャルピングで気をつけたい事はこちらもまた機械的に行う方が良いです。下落トレンドのため、ガチホしても上に上げるパワーはそれほどありません。そのため欲張って残りすぎず、ご自身で設定した値を超えたら売り、設定した価格をつけたら買いを繰り返します。チャートを読む力、分析力が必要です。

おすすめは、自身の長期保有銘柄のスキャルピングです。というのも、もし空振ってエントリーから大幅に下げてしまい逃げ遅れたとしても、ご自身のポートフォリオとして残りますのでガチホ用の積み増しと考えを切り替えられます。

但しこれもまたリスキーですので、もし余剰資産を超えて行ってしまっていると感じるのであれば控えたほうが良いです。

ICOに参加し資産防衛

もし気になるICOがあればそれに参加することで、現状の価格でアルトコインを購入できます。もし今後ビットコインが30万円になってしまった場合、ICOには30万でしか参加できませんが今なら130万の価値でそのまま購入出来る事になります。

これは上昇トレンド時であれば機会損失といえますが、下降トレンド時には資産防衛とも言えます。確かにICOは90%以上が詐欺案件と言うようにかなりリスキーなのですが、当たれば大きいのは間違いないため小額でも参加しておくと良いと思います。

この利点は何よりメンタル面の安定です。将来に跳ねるという可能性を残しておくことで、保有資産が目減りし続ける局面でも耐えられます。全張りしてしまうと焦ったり、焦燥感が積み上がり思わぬ行動のきっかけになってしまいます。弱気な状態では往々にしてギャンブルになってしまうので、回避するためにもICOはアリです。上場後の戦略を考えた方がより良い事に繋がるような気がします。

まとめ

下落トレンド時には確かに信用取引を行い空売りで稼ぐという手法があるにはありますが、これはおススメしません。というより仮想通貨では信用取引自体をおススメできません。

価格変動幅が大きく、嵌るときは大金を稼げるかもしれませんが、マイナス時に被る損失も大きな額になります。特に仮想通貨においては、現物で保有しているだけではコインが残りますのでマイナスにはなりませんが、FXを行うとマイナスになる可能性があります。これが非常に危険だと思います。

例えば競馬やパチンコなどギャンブルから参入された方に関しては、投機でFXを行われる方は少なからずおられると思いますが、違う点は馬券もパチスロも、借金して行わない限りマイナスにならないということです。手持ちを失うだけです。これがFXではマイナスに転じる危険性がありますので、本当に気をつけてください。

投資は自己責任ですのでご自身の判断になりますが、現状の価格変動の大きさを考えると仮想通貨FXは止めた方がいいと思います。

コラムカテゴリの最新記事