仮想通貨のおすすめ戦略、上昇相場における鉄則

仮想通貨のおすすめ戦略、上昇相場における鉄則

仮想通貨の世界でどうやって勝っていくか、様々な方法をみなさん考えられていると思います。中にはセミナーに行ったり、本を買いあさったりそれぞれ努力をされているとは思うのですが、ここでは特にそうしたセミナーなどで言われる裏の情報(というものが本当にあるかは不明ですが)のようなモノはご説明いたしません。あくまでも定量的に分析しこうしたら良いのでは無いかという戦略をご説明いたします。そんなのはわかっているわ!と言う方もいらっしゃるかとは思うのですが、あくまでも一意見として参考にしていただければと思います。

市場に流れる資金が急増

仮想通貨市場がヒートアップしています。日に日に参入者が増え広告やCMも増えてきました。この流れは一時的に大きな増減はあったとしても、一気に失われて終焉を迎えるというのは現時点ではなかなか考えにくいです。

上の画像はビットコインも含めた市場全体の価格になります。もはや昇り竜のようです笑

2番目の画像はビットコインを覗いたアルトコイン全体の価格になります。こちらも加熱しています。

以上から、資金が仮想通貨市場に一気に流れ込んできていることは明白です。これには様々な意見がありますが、大口も新規参入者も加速的に増えているということです。

参入者の中でも特に気になるのが新規の方の動向です。例えば価格が下落した際に彼らが一気に手を引くことはあるのでしょうか。結論から言えば無いと思います。というのも、新規参入者の多くは投機目線ですからいきなり出鼻を挫かれたとしても、後で取り返すというマインドを強く持っていると思います。したがって、投機目線の参入者が増えれば増えるほど底は積みあがって行くと思われます。

但し、全ての通貨が軒並み底を上げていくかというとそこは疑問で、個人的な見解ですが今後人気がある通貨と不人気通貨に選別されて行くと思います。そして人気通貨はそのボリュームの小ささから価格を大きく上昇させ、ゆえに人気が過熱し早く仕込むために争奪戦の様相を呈するようになると思います。

奪い合いが始まると何が起きるか

一般的に例えられる表現がイス取りゲームになるかと思います。少ないパイを巡って人々が殺到します。供給不足の状態であり、そのため価格は上昇します。

ここで何が言いたいかというと先行者は既に椅子に座っている(通貨を保有している)という事になるのでそのポジションを放棄するのは非常に勿体無いということです。安く仕込んであるという事は、後発組に対し非常に、”非常に”優位なポジションです。これは例え少額の資金の方も同じです。とにかく後発組は先行者を追い抜くためには大量の資金が必要になってきます。そして大量の資金を後発組が投じるため、ある価格から通貨は飛躍的に伸びます。こうなればあなたの資産はモリモリ増えていきます

取引を繰り返す事は先行者利益を失う恐れがある

ビットコインは今年の7月には20万円代で購入出来ましたが、今では有り得ない金額です。しかし7月時点では10万円以下で購入した方々が羨ましがられていて、20万円代は高値掴みという評価でした。要は価値の定まらないモノである以上、通貨の価格はその時点の参入者の総意で決定されるという事です。後発組が増え続ける限り底値は勝手に上がり、勝手に価格が再定義されて行きます。

ここでトレードを考えてみます。恐らく投機目的の新規の方は全力買いを行っていて、噂や価格の値動きに耐え切れず動く際は全ての通貨を売り、新たな通貨に乗り換えているのでは無いでしょうか。そしてこれが非常に悪手であることは明白です。理由は簡単で全ての通貨を売り払う事であなたは折角手にした先行者利益を失ってしまっているからです。

例えばビットコインで考えると、100万円以下で仕込んでいる方が、今全てのBTCを売るという事は利益を得る反面次買う時は暴落でも無い限り高値で購入しなければならず、後発組と奪い合い競争にさらされるという事です。一度椅子を降りてしまうと次に優位なポジションにつくためには非常に苦労する(多額の資金が必要)のです。いやいや、利益取っているから枚数で考えれば下で仕込んでいるのと代わりは無いという考えも出来ます。というよりそれが普通なのでしょうか。しかしながら、人の思考はそう簡単では無く、含み益を得た人たちはその後の取引に置いてエントリー時を基準に考えてしまうと思います。ですから150や200万でエントリーになるのです。

トレードを繰り返す事は確かに利ざやを得る一つの手段ではありますが、いつまでたっても優位なポジションを確保出来無いとも言えます。もちろんそうした価格の上下を上手く乗りこなして資金を飛躍的に伸ばすことも可能でしょうが、実際にそれが実現出来ている方はほんの少数で、多くは繰り返すたびに資金を目減りさせていっているのではないでしょうか。

結論ガチホ

仮想通貨は価格が大きく上下動を繰り返すので、どうしてもゲーム感覚で挑戦したくなります。お祭り騒ぎを横目に塩漬けなんて言うのは一番つまらない状態です。しかしながら、CC銘柄は特に顕著ですが下手に動かずジッと持ち続けた方が今年で言えば結果的に一番得をしています。

上昇相場においては後発組が価格を上げて行ってくれますのでガチホが一番堅く勝っていける可能性が高いです。この勢いがどこまで続くかを見極めるかが勝ち負けを決すると思いますので、現在トレードで痛い目を見ている方は一度ガチホ戦術を考えてみるのも良いと思います。但し、最後に書くのもあれですが、以上は全て今後も順調に市場が拡大することが大前提です。お釣りは現時点であるか判断が難しいところですが、私はまだまだあると見ていますので、今後も仮想通貨市場は成長すると期待しています。

コラムカテゴリの最新記事