いま配当型トークン、バンクエラを買うべき理由

いま配当型トークン、バンクエラを買うべき理由

以前にもご紹介した配当型のトークンバンクエラ。ビットコインの200万突破やコムサのリリース、年末のアルトコイン祭りと話題が相次ぎ影が少し薄れてしまいましたが、現在ICO実施中です。ここではこのバンクエラのICOに今からでも参加するべき理由をご説明します。

バンクエラICO時の発行枚数と価格

価格と発行枚数は以下の通りです。ソフトキャップが導入されており、早く買えば買うほど安く購入できます(ユーロ暴落などがなければ)

ICO時のBNK発行数と価格
25億BNK〜35億BNK 1BNKあたり0.017€
35億BNK〜45億BNK 1BNKあたり0.018€
45億BNK〜55億BNK 1BNKあたり0.019€
55億BNK〜65億BNK 1BNKあたり0.020€
65億BNK〜75億BNK 1BNKあたり0.021€
75億BNK〜85億BNK 1BNKあたり0.022€
85億BNK〜95億BNK 1BNKあたり0.023€
95億BNK〜100億BNK 1BNKあたり0.024€

トークンセールは最安値で仕込める

仮想通貨取引を行って少し時間が経つとどういうポジションが有利か見えてきます。それは当たり前と言えば当たり前ですが、最安値で仕込んだ人が一番優位なワケです。ビットコインを10万以下で仕込んだ人、イーサリアムを900円で仕込んだ人、リップルを1円以下で仕込んだ人、いずれも超安全圏だと思います。

もちろんそこには先見の明があった訳ですから羨ましいという感情しかありませんが、とにかく彼らは安く仕込んだという事により現在のポジションを築きあげる事が出来た訳です。

であるならば、その人たちの後追いで勝負し続ける事も大事ですが、同じように最安値で通貨を仕込む事が出来ればいずれ彼らと同じポジションにつけると思いませんか。それを目指すのであればあなたはICOに参加し最安値で仕込むしかありません。

多数あるICOの中でバンクエラは自前の取引所スペクトロコイン(バンクエラを購入するには登録が必要です※日本語対応済み)があり上場されないという不安がありません。また、次に述べますがすぐに上場されるわけでは無いという点が実は良かったりします。

時間を分散させることが出来る

トークンを購入したら、すぐに取引所に上場され価格を見たいと考える方も多いと思います。確かにバンクエラもすぐに上場される可能性が無いワケではありません。しかし、バンクエラは上記のスペクトロコインだけではなく、自前のバンクエラ取引所を開設予定するという事もあり、遅くともそれが終わらない事には市場に開放される事は無いかと思いますので、上場は数か月先も可能性としてはあります。しかしそれが良いのです。

私たちはリスクを避けるために通貨を分散投資する事が出来ますが、アルトコインはビットコインとの価格連動がある以上、やはりそれはリスク分散とは言えないのです。

その点でバンクエラは現時点では市場に開放されておらず、価格も対ユーロで固定されています。もしこの後、ビットコインの大暴落が起き、仮想通貨全体の価格が10分の1に落ちてしまったとしてもバンクエラはリリースされていなければダメージはありません。

また、後々のお楽しみがある事は、たとえ保有資産が今後少なくなってしまっても、バンクエラがある、というように精神的に余裕が持てます。仮想通貨においてはこの精神的ゆとりは非常に重要です。こうした時間差を活かした分散投資を行う事でリスクを減らすことが出来ます。

配当が貰える

バンクエラを保有すると配当が毎週もらえます。これによりただの塩漬けにならず、新たな資産を生む装置としての機能も果たします。

これは取り分け現在のようなビットコインの下落トレンドにおいては非常に有効に働きます。なぜならば、今はどの通貨であれ、買うのはやはり少し怖いです。しかし配当されたコインならいかがでしょうか。失っても全く怖くないですよね。元手がありませんので。これが配当型トークンの強みになります。

後はスキャム(詐欺)かどうかだけ

一般的にICOは90%以上が詐欺と言われ、殆ど当たりはありません。このバンクエラにしても大変失礼ですが詐欺コインでは無い保証はどこにもありません。

内情やプロジェクトの実際のところは不明ですし海外案件なので、怖い所は多多あります。しかし、それ以上に受けられるメリットが多く存在すると思いますので、もし同じように気になるけど・・・という方は少額、お小遣い程度でも購入してみてはいかがでしょうか。

例えば、数万円でもそれが数十倍になれば数百万円に化けます。最安値で購入するという事は数十倍の夢を見れるという事です。そしてそれが、今後のトレードにおいて、精神的な支えにもなります。リスク分散にもなります(もちろん仮想通貨全体の価格が上昇してしまえば、買わなかった方が儲かったとなりますが)

成功する保証はどこにもありませんが、今後を見据えた場合全く手を出さないというのも勿体ないと思います。

特に今のようなビットコインの下落トレンド時は他のアルトコインも道連れに価格を下げさせられてしまいますので、高値で掴んだしまった方は連日、気が滅入ってくると思います。そうしたメンタルですとやはり苦しいトレードが続いてしまいますので、一旦矛先を変えて少額でもバンクエラに投資する事を改めてお勧めします。

コラムカテゴリの最新記事