仮想通貨ジリカ(Zilliqa|ZIL)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

最近草コインブームが収束してICOブームが来ている気がしてならないのですが、そのICOを経て市場へリリースされた通貨ジリカをここではご紹介します。

ジリカ(Zilliqa)の概要

通貨名 ジリカ(ZIL)
最大供給量 12,600,000,000 ZIL
国内取引所 なし
国外取引所 フオビプロ
ホームページ https://www.zilliqa.com
Twitter

ジリカ(Zilliqa|ZIL)の特徴

ジリカはシンガポールの大学研究者が立ち上げたプロジェクトになります。特徴はハイスループットパブリックブロックチェーンという超高速ブロックチェーンになります。

この高速処理はシャーディングと呼ばれる技術により実現されており、既存のブロックチェーンの遅さを問題とせず、テストではVISAに匹敵する位の処理スピードを誇ります。このシャーディングという技術はグループ化されたブロックチェーンを並列に処理することでスピードを上げる仕組みで、イーサリアムも注目しており、実装される可能性があるとのこと。

ジリカ(Zilliqa|ZIL)の機能

処理速度が尋常じゃなく速く、ビットコイン・イーサリアムの速度は言うに及ばず、速いとされるリップルよりも更に速い処理技術を持ちます。

ジリカの驚異的なスピードはこれがサイドチェーンのようなトラフィックの少ないプライベートチェーンで実現されている訳では無く、様々なトラフィックが入り乱れるパブリックチェーンでのスピードだという点です。まさしく、VISAに比類する処理速度です。

ジリカ(Zilliqa|ZIL)の今後

ジリカは研究機関が大学発のプロジェクトであることや用途の実需が見込めることから日本のVCであるグローバルブレインと提携が発表されています。この事からも期待されている事は明らかで、研究開発が今後とも進められていく事は明らかです。

残念ながら、ICOを行った団体の殆どは資金を手にした段階でやる気を失ってしまい、ICOゴールのような形になってしまうモノが殆どです。ICOでドロンされるのも最悪ですが、やる気の無いプロジェクトがダラダラ続いていくのもホルダーとしてはキツイですよね(この問題はイーサリアムのトップであるヴィタリック氏も指摘しています)その点をジリカは上手くクリアしていると言えるのかもしれません。

ジリカ(Zilliqa|ZIL)の価格

ジリカは現在5円前後ですが、まだ出来立てホヤホヤの状態なので今後大きく価格が変動して行くと思います。

特にリリースされた時期の地合いが悪すぎたため、現在の価格が抑えられている価格だとすると、上向きに変わった場合一気に跳ねる可能性もあると思います。仕込み時では無いでしょうか。

まとめ

ジリカの分野はビットコインのライトニングネットワークやイーサリアムのライデンネットワーク/プラズマ、ネムのカタパルトなどが実装されてしまうと一気に存在感を失う可能性はあります。

しかし、それらの通貨が規模が大きすぎるが故に動くに動けない状況であるため、今のうちに汎用的な技術を発表できれば一気にシェアを奪いシーンを席巻出来る可能性があります。こういうのは後発組の利点ですね。

ジリカは今のところ中国のフオビプロで購入出来ます。今後上位の取引所に上場されれば美味しい思いが出来るかもしれませんね。

関連キーワード
コインの関連記事
  • BitTube
    仮想通貨ビットチューブ(TUBE)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨EOSの画像
    仮想通貨イオス(EOS)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨アイエグゼック(iExec RLC)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • ペペキャッシュ
    仮想通貨ペペキャッシュ(PEPECASH)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨GTOの特徴
    仮想通貨ギフト(Gifto|GTO)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • ONTトークン
    仮想通貨オントロジートークン(ONT)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
おすすめの記事
2017年12月仮想通貨イベントまとめ
ニュース
仮想通貨はイベントで大きく値が動く事が多々あります。思わぬビッグサプライズにより上昇したり、煽るだけ煽って内容が大した事が無く大暴落と、イベ...