仮想通貨ジーキャッシュ(ZEC)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

Zキャッシュ(通貨名:ZEC)はあの大手JPモルガンとの提携が話題となった仮想通貨です。俗に匿名性暗号通貨と呼ばれ高いセキュリティが特徴です。ここではそのZCASHについてご説明します。

ジーキャッシュの概要

通貨名 ジーキャッシュ(Zcash)
発行上限 2,100万
国内取引所 coincheck(コインチェック)
国外取引所 Poloenix(ポロニエックス)等
ホームページ https://z.cash

仮想通貨 Zcash(ジーキャッシュ)とは

匿名系暗号通貨ジーキャッシュ

Zcashの有する技術、ゼロ知識証明は高セキュリティ機能を持ち取引時には情報を非公開で行えます。
ジーキャッシュは2016年10月にリリースされ、いきなり価格が急上昇としましたがその後は長きにわたって低迷します。
2017年になり仮想通貨市場に資金が流入されるにしたがって価格は上昇し始め、JPモルガンとの提携が発表されるや一気に急騰を見せました。

仮想通貨 Zcash(ジーキャッシュ)の価格・チャートについて

ジーキャッシュはリリース後すぐに53万円の値をつけその後一気に急落しました。その後長期間低迷していましたが、2017年に入り仮想通貨に資金が流れるとが上昇しました。主な要因としては世界的に大手の銀行JPモルガンと提携したニュースがあったためと思われます。

またまだまだ数少ない匿名性暗号通貨というのも価格においては優位性が高いです。仮想通貨の特徴としてフォロワーがどんどん生まれるという事、つまり似た機能を持つ通貨が次々に現れるという点が挙げられますが、匿名に関する技術は開発技術を持たなければ作り上げられないため(そのため誇大匿名系が増えるという別の問題があったりするのですが)フォロワーが生まれにくいという側面があります。その意味では匿名系暗号通貨でかつCCに上場しているという時点でZキャッシュは価値があります。

ジーキャッシュの今後

イーサリアムが2017年10月にハードフォークを行い、その際にジーキャッシュの機能を取り入れました。同じように今後ZCASHの持つ強力なセキュリティ機能を取り入れたいと考える通貨やプロジェクト、更には一般企業で開発されているプログラムなどが出てきても全く不思議ではありません。

こうした特異的な機能はZCASHの大きな武器となり今後更に注目を集めることは間違いありません。多くの方がこの機能に注目しており、53万円とまではいかなくとも高値を再びつける日も遠くないと思います。世に認められる開発能力を持つジーキャッシュの今後に期待しています。

但し、Zキャッシュに限った話ではありませんが、匿名系暗号通貨は国や政府と軋轢を産む可能性があります。特にコインチェックが金融庁の指定する仮想通貨交換業者に登録されないのは、この匿名系暗号通貨の影響が大きいのでは無いだろうかという噂がずっと囁かれています。もしこれが事実であれば、いずれコインチェックが登録する際にはCC銘柄から外されると思いますし、今後他の日本の取引所で取り扱う可能性も低いため、価格には大きな影響が発生することは間違いありません。そのリスクはどうしても付きまとってしまいます。

特に2018年に入り仮想通貨の規制の話が増えてきており、政府などの当局が一番最初に槍玉に挙げるのが匿名系暗号通貨であることは目に見えています。もし悪材料が出た場合は価格を落とす(最悪回復不能なレベルの)可能性がありますのでその点は常に警戒しておく必要があるのではないでしょうか。

アメリカの大手取引所Gemini(ジェミニ)がZCASHの取り扱いを開始!

匿名系暗号通貨に関しては逆風が強まっている昨今ですが、そんな中ZCASHはなんとアメリカの大手取引所ジェミニに新規上場が決定しました。

この取引所はウィンクルボス兄弟がオーナーを務めており、コインベースと並ぶ程の力を持つ取引所です。ここにはリップル(XRP)が上場を望みましたが断られたという話もあり、それだけ影響力があるという風にも言えます。

ジーキャッシュにおいてはそこに認められたという事で、通貨自体の信頼性はもとより、匿名系通貨全体に与える好影響も大きそうです。この地合いでの上場という事が素晴らしいです。

※ジーキャッシュ(ZCASH)の取り扱いをコインチェックが中止するという発表を行いました。これにより国内で取り扱う取引所が無くなり、理由が仮想通貨の取引業に関する事だと見込まれるため今後も他の取引所等での扱いも難しそうです。

あるとすれば公的な機関での技術に使用されるという点ですが、それだけであれば日本での道のりは難しいと言わざるを得ません。海外での評価が高い匿名系通貨ではありますが、日本では当面は苦しい状況が待ち受けてそうです。

関連キーワード
コインの関連記事
  • BitTube
    仮想通貨ビットチューブ(TUBE)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨EOSの画像
    仮想通貨イオス(EOS)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨アイエグゼック(iExec RLC)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • ペペキャッシュ
    仮想通貨ペペキャッシュ(PEPECASH)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨GTOの特徴
    仮想通貨ギフト(Gifto|GTO)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • ONTトークン
    仮想通貨オントロジートークン(ONT)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
おすすめの記事
2018年1月仮想通貨イベントまとめ
ニュース
仮想通貨はイベントで大きく値が動く事が多々あります。思わぬビッグサプライズにより上昇したり、煽るだけ煽って内容が大した事が無く大暴落と、イベ...