仮想通貨ウェイブス(WAVES)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

仮想通貨ウェイブス(WAVES)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

ウェイブス(Waves)はScalaという言語で開発された独自のチェーンを持つ分散型金融取引プラットフォームです。要はイーサリアムやリスク、などと同じく色々な事が出来るプロジェクトになります。ここではそのWAVESについてご説明します。

ウェイブスの概要

通貨名 ウェイブス(WAVES)
発行上限 1億WAVES
国内取引所 なし
国外取引所 Poloenix(ポロニエックス)等
ホームページ https://wavesplatform.com

仮想通貨(WAVES)とは

2016年6月にスタートしました。機能としてはWAVESのプラットフォームで仮想通貨取引が可能であったり新規トークンの発行、ICOを行う事が可能だったりと複合的な通貨だという点です。様々な機能を包括したTheプラットフォーム通貨です。こうした色々な事が出来るプラットフォームというのはイーサリアムやネムなども同じです。

ぱっと見、独自トークンの発行が出来る点が面白いと思うのですが、個人的にはDEXと呼ばれる分散型取引所の機能が面白いと感じています。仮想通貨の泣き所というか弱い部分は結局取引所頼みという点です。DEXはその泣き所を解消すべく各自の端末(例えばスマホ)で取引所機能が展開されるようにした仕組みです。コインチェックのGOX事件以後、ウォレットの管理は各人で、という風潮が強まっているように感じます。もしその流れが続けばDEXの普及も一気に進むと考えており、そのプラットフォームとして既にかなりの実績を持つWAVESは台頭する可能性が大いにあります。

ウェイブスの特徴は?

前述したDEXの特徴をさらに細かく分析するとWAVESのDEXでは法定通貨(円とかドルとか)とのトレードや送金の機能を目標として開発されていることになります。

更にウェイブスは取引所(DEXといいます)機能を持っており取引所などの存在を不要にしユーザー同士で直接、仮想通貨の交換、仮想通貨とドルやユーロなどの法定通貨との取引を可能にしています。
その他では以下機能の実装予定があります。

・スマートコントラクト
・メッセージ
・クラウドストレージ
・投票
・匿名送金

ウェイブスの送金・取引機能について

ウェイブスのプラットフォームでは、通貨をドルやユーロのような法定通貨との交換も可能です。
流れとしてはウェイブスを仲介させてやり取りを行います「円→Waves→ドル」のような取引です。
ウェイブスでは、全ての取引情報がWavesのプラットフォーム上で決定され、取引の記録はブロックチェーンに記録されます。
一回の取引手数料は0.001Wavesと、とても安い上にスピードも最大1秒に1000取引と超高速なのが素晴らしい点です。

ウェイブスの価格・チャートについて

WAVESは仮想通貨元年と呼ばれた2017年に価格を乱高下させました。年初は2~30円で取引がされていましたが、5月~6月初頭に起きたプチバブル期に大きく価格が上昇し日足で700円までつけました。その後高値を更新出来ませんでしたが、12月に大きく価格を上げて1700円までつけました。リップルみたいな動きですね。

まとめ

2017年~2018年でWAVESに似たDApps系プロジェクトが多く参入して来ていますので、2018年は真価が問われると同時に正念場になりそうです。知名度は高くホルダーも多いことからどこまでアドバンテージを生かして成長させる事が出来るかが問われる一年になりそうです。

コインカテゴリの最新記事