仮想通貨ヴェリタシアム(VERI)の特徴を説明します!

仮想通貨ヴェリタシアム(VERI)の特徴を説明します!

ウェブボットの開発者であるクリフハイ氏のインタビューにおいて2018年の銘柄として言及がありましたヴェリタシアム(Veritaseum)。インタビュー動画では決済の話になっていたので、その流れを汲んでの発言かとも思うのですが、数多あるコインの中でヴェリタシアムを選択している点は気になります。それを受けてか、じりじりと価格を上げており、何か材料が出れば一気に吹き上げそうな予感がします。ここではそのヴェリタシアムをご紹介します。

ヴェリタシアム(VERI)の概要

通貨名 ヴェリタシアム(VERI)
最大供給量 100,000,000 VERI
国内取引所 なし
国外取引所 HitBTC他
ホームページ https://veritas.veritaseum.com

個人や法人が専門家を介さずに取引・契約できる仕組み

ヴェリタシアムは個人・法人資産を管理するためのプラットフォームです。簡単に言うと各人のスマホに銀行口座や投資機能が紐づくようなイメージです。

今まで私たちはタンス預金から銀行に資産を預けていましたが、電子マネーを皮切りにその優位性に疑問が出てきました。確かにセキュリティが高く安全ですし、サーキットブレーカーとしての側面もありますので、銀行は有用なのですが、一方でATM探すのが面倒くさかったり、手数料が以外と馬鹿にならないなど弊害もあります。

これは投資においても同様です。ここで買いたいけど、銀行へ行き入金を待っている間に価格が上昇してしまったなど、取り分けボラティリティの高い仮想通貨ではままあります。こうした点をVERIでは解決してくれるのでは無いでしょうか。

仮想通貨における最終的なゴール

個人的にこの機能は仮想通貨における一つのゴールだと考えていますが一番ハードルが高いのもまた事実です。というのも銀行や証券会社は巨大過ぎる組織であり、その組織だけではなく、人々の生活慣習も例えば銀行無しでは成り立たない存在です。したがってこれを無効化するにはステークホルダーだけでは無く、人々のマインドも変えなければなりません。ただそれを乗り越えた時には非常に強力な存在になる事は間違いなく、価格は爆発的に伸びる事は確実です。

但し、余りに目標が高すぎると投資をするのも難しいと思います。VERIも理念としては分かるけど、実際には難しいんじゃないのと考える方が多く、詐欺案件と言う人も相当数存在するみたいです。

ヴェリタシアムの価格・チャートについて

扱う取引所がまだまだ少ない点と若干高額である点から、大きく伸ばした(仮想通貨の世界では)訳ではありませんが、しかし堅調に価格は上昇しています。今後取引所での扱いが増えれば、より価格は上がると思います。

他では最初に書いた通り、クリフハイ氏が言及している点は見えない価格上昇を引き起こす可能性があり、今後に期待が持てます。

まとめ

ヴェリタシアムは仮想通貨の真骨頂であり、普及すれば社会を大きく変革する可能性を秘めています。実現には多くのハードルがありますが、例えば日本のような先進国で考えるのでは無く、小国から普及を目指すのではないでしょうか。

コインカテゴリの最新記事