仮想通貨ヴァージ(XVG)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

仮想通貨ヴァージ(XVG)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

Verge(ヴァージ)は匿名ネットワークを生み出す暗号通貨です。俗に匿名系暗号通貨と呼ばれる通貨は人気が高く日本のコインチェックで取り扱われている匿名系の通貨も軒並み大きく高騰しています。ヴァージ自体は2014年からスタートしており、比較的歴史があるのですが、最近ようやく陽の目を見るようになり、特に2017年の12月に入ってからは価格が急上昇しています。ここではそのヴァージ(Verge)をご紹介します。

ヴァージ(Verge)の概要

通貨名 ヴァージ(XVG)
最大供給量 16,555,000,000 XVG
国内取引所 なし
国外取引所 バイナンス(Binance)、Bitttrex等
ホームページ https://vergecurrency.com/langs/ja/

機能に関して

ヴァージはTorおよびi2Pによるプライバシーを強化した暗号通貨です。特徴はプライベートネットワークのみならず、通常のネットワークにも繋げるという事になります。これにより様々なシーンで高い匿名性の通貨を利用出来るようになります。

まとめるとヴァージの機能は汎用性が高くあらゆる場所を横断できる匿名性の高い通貨になり、他の通貨に比べると優位性があります。

SNSなどにも

ヴァージはその汎用性からSNS例えばTwitterやTelegramでチップ機能が使えます。あらゆるサービスがインターネットで生まれている現在、いかなるサービスにも落とし込める汎用性は非常に貴重なので、大手のサービスが使い出せば一気に寡占してしまう可能性を持ちます。

またコミュニティも精力的に活動しており日本では「Verge Japan」というコミュニティが活動しています。こうしたコミュニティは買い支える勢力としても重要ですし、拡散させる力という点でも有効です。特に名のあまり知られていない通貨においては、有力コミュニティの有り無しは将来を左右すると言っても過言ではありません。その点から言ってもヴァージは将来性がある通貨だと言えると思います。

ヴァージの価格・チャートについて

ヴァージは11月までは1円にも満たない金額で推移していましたが、12月になり大爆発一時30円近くまで上げました。
もし11月に0.5円で仕込んでいれば、実に60倍。10万円が600万円になってます。。夢がありますね・・。
ではここまで上げたからこれからは無いかと言うと、そうとも言い切れません。

というのも、まだまだこの通貨は多くの取引所に上場していないからです。匿名系という事で需要はありますし、また人気の匿名系暗号通貨は軒並みかなり高騰してしまっているという事情もあり、主要な取引所で取り扱い次第人気が更に上がる事は間違いなく、今後さらに価格を上げて行く可能性があると思います。

コインカテゴリの最新記事