仮想通貨ライデンネットワーク(RDN)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

仮想通貨ライデンネットワーク(RDN)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

ライデンネットワーク(Raiden Network)はイーサリアムのプラットフォーム上で構築されたペイメント機能を中心とした一つのアプリになります。なのでコインというのは意味は少し違いますし、トークンというのも少し違います。イメージでは携帯アプリに価値が付いているようなイメージです。そのライデンネットワークは将来的にイーサリアムに活用される構想があり、注目を集めています。ここではそのライデンネットワークについてご説明します。

ライデンネットワークトークンの概要

通貨名 ライデンネットワークトークン(RDN)
発行上限 100,000,000 RDN
国内取引所 なし
国外取引所 Binance(バイナンス)
kucoin(クーコイン)など
ホームページ https://raiden.network

Raidenの作り出す超速決済

ライデンネットワークは主に取引スピードの速さに特徴があります。一説によると処理速度は現状のクレジットカードを大きく上回るスピードで処理できるとの事です。

現在様々な取引がオンライン決済になりつつありますが、この市場が大きくなればなるほど、その取引速度というのは問題化してきます。特に本格的にIOT機器が普及し様々なトランザクションが増えれば増えるほど、独自のラインがあったとしても処理仕切れない事例が増えてくる事が予想されます。ライデンネットワークおよびイーサリアムはこの問題を解決するための一つの大きな提案とも言えます。

ライデンネットワークはビットコインが導入を目指しているライトニングネットワークからインスピレーションを受けています。しかしながらビットコインにライトニングネットワークを導入するには非中央集権の弱みである参加ノードの承認が必要となってきます。技術的な面に加えて政治的にも時間がかかってしまいますので、中央集権であるイーサリアムが先に技術を導入し発表してしまう可能性があります。そうなればイーサリアムだけではなくビットコインにも影響が及ぶのではないでしょうか。

完成時期について

ライデンネットワークはビットコインやライトコインが取り組んでいるライトニングネットワークから着想を得ているとされます。ただしライトニングネットワークが完成するのはだいぶ先と言われているのに対してイーサリアムのライデンネットワークは2018年中にも実装される可能性があります。もしこの技術がイーサリアムに加わればイーサリアムの価値は飛躍的に向上する事は間違いなく、ライデンネットワーク自体の価値も大幅に上昇します。

このライデンネットワークの優位点としてオープンソースであるという点があります。

オープンソースとは誰でも開発に参加できるプログラムという事になり全世界のプログラマーが参加して新たな改良点が常にブラッシュアップされる事になります。

分かりやすい例を出すとwikipediaは誰もが更新出来ますが(それによる問題も当然あります)そのため新たな情報がどんどん更新され有益なコンテンツになっています。なのでwikipediaもある意味ではオープンソースと言えるのかなと思います。これが特定の管理者のみが手を加えられる状態ですとwikipediaの中身は現在の状態には程遠かったと思います。これがオープンソースの強さで、ライデンネットワークはこの思想で更新されていきます。

とライデンネットワークの良さをここまで挙げましたが、では不安が無いかというとそんな事はなく、実はイーサリアムでは全く同じ高速処理技術であるプラズマという技術の開発が進んでいます。内容が内容だけにかち合う事は間違いなく、仮にプラズマが先にリリースしてしまい、広まってしまえばライデンネットワークの存在感は薄れてしまうでしょう。特にイーサリアム系の人気銘柄であるオミセゴーはプラズマの実装が予定されており、導入されてしまうと少し痛手になってしまうでしょう。

また、非公式ではありますが、ライデンネットワークのICOにはヴィタリックは反対していたという話があり、もしこれが事実であれば創業者の意向とは異なるとしてサポートが少なくなるかもしれません。

反対理由としては、ヴィタリック氏はICOで資金調達をしてしまうと大金を手にしたプロジェクトの殆どが開発を止めてしまうからと考えており、ライデンネットワークのチームも、もしこれに当て嵌るなら、少し危険な面もあるのかもしれません。

ライデンネットワークの価格・チャートについて

まだ新しい通貨・トークン

開発自体は長らく行われてましたが、ICOで資金調達し11月にライデンネットワークは市場に参入し本格スタートしました。
したがって、価格としてはまだまだ手頃な価格です。将来を見越して今の内に仕込むのもありかもしれません。通貨はバイナンスで取引できます。
ライデンネットワークおよびイーサリアムの今後の動向に注目が集まります。

コインカテゴリの最新記事