仮想通貨モナコイン(MONA)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

仮想通貨モナコイン(MONA)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

ネタなのかマジなのか誰にも分からないモナコイン。発祥はもちろん日本です。この特徴的なキャラクターがモチーフのコインは最近価格の高騰が続いて注目を浴びています。ここではそのモナコインをご紹介します。

モナコインの概要

通貨名 モナコイン(MONA)
発行上限 1億512万枚
国内取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)
Zaif(ザイフ)
国外取引所 なし
ホームページ https://monacoin.org/

モナコインの始まり

モナーコイン

モナコインは2013年に公開された仮想通貨です。ライトコインをベースとしてわたなべさんという方が開発者されました。わたなべさんが何者かは一切不明です。リリース後は正直ネタ扱いされつつも開発が続けられ仮想通貨元年とも言える今年急に価格が高騰しました。上昇した理由としては半減期や取引量が増えた等需要が上がったからなど諸説言われていますが、不明です。プログラム自体が継続的に改良を加えられて来たという事でしょうか。であれば名前によって惑わされていましたが元々期待値の高いコインだったという事でしょう。

とはいえモナコインは特定の機関や個人が管理する分けではなく、各々のPCで実行される分散型の決済システムです。最近、特にアルトコインは多くが中央集権型で特定のプロジェクトが力を持ちますが、モナコインは暗号通貨原理主義を貫き(?)ビットコインのように非中央集権のアルトコインなのです。そのため長野県山中の土地に、有志が神社を建設するなどが出来、ユーザーが勝手に行うことが出来ます。面白さにあふれています。

BitFlyerで取扱い開始

大きな契機となったのがビットフライヤーでの取り扱い開始である事は間違いありません。価格が一気に上昇し2倍・3倍の値を軽々と超えていき、zaifではお祭り騒ぎになっていました。この価格上昇を機に潮目が完全に変わり、仮想通貨市場に資金が流入してくるとモナコインは再度上昇を続けています。

名前と機能の乖離

モナコインと聞くとどうしても軽んじてしまうような風潮があるような気がします。しかしながら継続して開発が続けられ、サードパーティーとしても技術が取り入れられ、つまりブラッシュアップされ続けた結果、強力なコインに仕上がったという事になるのかもしれません。また、まだまだ扱う取引所が少なく伸び代が非常に高い通貨でもあります。仮に海外でどんどん取引が開始された場合、一気に高値をつけることもありえます。

モナコインの価格・チャートについて

ボラティリティーに注意

モナコインは価格感度が高い印象があります。つまり一気に上昇したあと、一気に売られる事があります。つられて高値で買ってしまわないように戦略は持って入っていく事をおすすめします。

しかしながら価格差が大きいという事は想像以上に大きく価格を下げるわけで、落ちきった所は最高の買い場かもしれませんね。

コインカテゴリの最新記事