仮想通貨カイバーネットワーク(KNC)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

仮想通貨カイバーネットワーク(KNC)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

カイバーネットワークは分散型取引所と決済にの機能を持ったプロトコルになります。イーサリアムの起草者ヴィタリック氏もアドバイザーとして参画しており、OmiseGoがイーサの右腕ならカイバーネットワークはイーサの左腕と評される今後の発展に期待されている通貨の一つです。ここではそのカイバーネットワークをご紹介します。

カイバーネットワーク(Kyber Network)の概要

通貨名 カイバーネットワーク(KNC)
最大供給量 226,000,000 KNC
国内取引所 なし
国外取引所 バイナンス(Binance)、Liqui等
ホームページ https://kyber.network/
Twitter

取引所はいらない?

カイバーネットワークをはじめ、現在世に出回っている通貨の多くはプラットフォーム型です。プラットフォーム型とは要は色々な事ができるよ、通貨はそのひとつに過ぎないよ、ということです。カイバーネットワークもその一つです。

特徴は分散型の取引所になり、もし他の通貨のアプリ(カウンターパーティーのIndiesquareなど)を利用した事がある方はお分かりになるかと思いますが、DEXと呼ばれる取引所機能がカイバーネットワークの機能として備わっています。つまり、これにより都度取引所を経由せずとも直接トークンや通貨を交換することが出来るようになっているという事です。

コインチェックの流出事件を経て取引所のウォレットにそのまま置いておくことがいかに危険か身を以って知る事が出来たという方も多いと思います。そのため、日本だけで言っても個人のウォレットと機能の充実は仮想通貨にとって喫緊の課題であり、今後改善が期待される分野です。その点でカイバーネットワークはどのような進化をみせてくれるでしょうか。

決済APIを持つ

カイバーネットワークでは決済のためにAPI機能があり、これを用いるとイーサリアム以外の通貨・トークンでICOなどに参加した場合、カイバーネットワークがイーサリアムに変換しICO団体に支払う事が出来ます。現在ICOの殆どはイーサリアムが必要になっていますので、これは非常に便利な機能ですね。

但し、ここまで紹介しておいてアレなんですが、カイバーネットワークが提供しているウォレットはまだまだ未完成で公式も安全では無いと注意するレベルです。したがって、通貨を購入するだけでは無く、更にウォレットなども使いこなしたいという方はもう少し待って、公式から安全が発表がされた段階から使われると良いと思います。

KNCの価格・チャートについて

まとめ

カイバーネットワークはまだまだ未完成なプロジェクトではありますが、その分伸び代は大きいとも言えます。特にヴィタリックが期待しアドバイザーに就任している位ですから、今後イーサと有機的に結びついていってもおかしくありません。まだまだ価格的にも手ごろですので、将来を見越して中長期的に保有しても面白いと思います。

コインカテゴリの最新記事