仮想通貨エイチシェア(Hshare|HSR)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

日々新しい仮想通貨が登場し、それぞれの用途も形状も異なる通貨が乱立していますが、それぞれが独立したブロックチェーンを構成しているがためにもったいない事が起きている事も多いです。今回ご紹介するHshareはそうした各々のブロックチェーンを結びつけるためのプラットフォームになります。

エイチシェア(HSR)の概要

通貨名 エイチシェア(HSR)
最大供給量 8,400万HSR
国内取引所 なし
国外取引所 バイナンス
ホームページ https://h.cash/

エイチシェア(HSR)の特徴

hcash

エイチシェアは2017年に公開された通貨で将来的にHshareからHcashに名称が変わります。公式サイトなどは既にHcash(エイチキャッシュ)と言う名称で統一しています。このHcashとは何かというと、Hshareの進化系の通貨名称です。というより現状のHshareはあくまでもテスト版、ベータ版であり本リリースはHcashだということです。このHcashが様々なブロックチェーンや非ブロックチェーン同士をつなぎ合わせるために使用される通貨です。現状は最終的なバグを潰しているとのことですが、終了次第HshareはHcashに変更されその変更自に、HshareからHcashに1対1の割合で交換されます。

エイチシェア(HSR)の機能

エイチシェアはブロックチェーンだけではなく、非ブロックチェーン(DAG)などにも対応しZキャッシュの持つゼロ知識証明といった暗号化技術、PoSとPowを併せ持つ機能も組み込まれます。

これにより様々な通貨に対応できる事になり、今後も新技術が生まれ次第それを取り込み続けることになると思います。これはさながら仮想通貨技術のオンパレード通貨ですね。

もしこれらが実装出来れば物凄い事にはなりますが、一方で、出来るのか?と一部で目標値が高すぎる事を懸念する意見もあります。

ただし、方向性としては確かにその通りであらゆる通貨が好き勝手にはじめた場合は現状以上に問題が噴出してしまいますので、個人的にはどこかで出来ること、出来ないことの落としどころをつけるのではないかと見ます。

エイチシェア(HSR)の価格

Hshareは期待値が高かったのか価格が高騰した状態でスタートしています。そのため2017年末のアルトバブル時でも約2倍の価格で推移したという少しホルダーに取っては残念な結果でした。

その後は2018年初頭から続く下落で2018年3月現在では600円にまで落ち込んでいます。しかし、バイナンスやクーコイン、フオビといった中華系のメイン取引所での扱いがあり、バックボーンとしては十分ですのニュースが来た際には一気に吹き上げる可能性が否定出来ません。逆に考えれば現在は底値とも見れますので入っても面白いかと思います。

まとめ

この通貨に限った話ではありませんが、やはり使われるかどうか、リリースが適切に行えているかどうか、が最大の焦点になります。もし両方ともクリアされたとしたら通貨自体の価格は当然ながら仮想通貨世界にとっても大きな一歩である事は明らかです。中国系のプロジェクトはこの辺りが判断が難しく上手く乗りこなせれば益を増やすことが出来るかと思います。

関連キーワード
コインの関連記事
  • BitTube
    仮想通貨ビットチューブ(TUBE)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨EOSの画像
    仮想通貨イオス(EOS)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨アイエグゼック(iExec RLC)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • ペペキャッシュ
    仮想通貨ペペキャッシュ(PEPECASH)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨GTOの特徴
    仮想通貨ギフト(Gifto|GTO)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • ONTトークン
    仮想通貨オントロジートークン(ONT)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
おすすめの記事