仮想通貨ファクトム(Factom)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

ファクトムは色々な種類の電子データをブロックチェーン上に記録する事が出来るデータ管理プラットフォームです。分散型の取引記録の技術を契約に活かすという、他とは少し違ったアプローチで開発を進めています。ここではそのファクトムをご説明いたします。

ファクトムの概要

通貨名 ファクトイド(FCT)
発行上限 上限なし
国内取引所 coincheck(コインチェック)
国外取引所 Poloenix(ポロニエックス)
Bittrex(ビットトレックス)
ホームページ https://www.factom.com/

ファクトムの特徴

ファクトムの特徴を大きく分けるとビットコインのようなデジタル通貨ではなく、電子記録を保存するプラットフォーム型のプロジェクトになり通貨の名前はファクトイドになります。ただ、もうファクトムという名前の方が市民権を得てしまっているように思いますが・・・。

このプロジェクトは簡単に言うとファクトムが普及すると記録物や証明書をブロックチェーンに書き込むことで、いちいち市役所などに公的な文書を貰いに行く必要が無くなるということになります。そうした未来が訪れて欲しいです笑

ファクトムは契約記録などをブロックチェーン状に記録するため、第三者が改ざんする事が難しくまた記録した契約内容はそれ自体が証明になりますので、証明書を公的な期間から発行してもらうという必要もなくなります。今まではある意味では公的な機関のお墨付き証明書によって権利を主張するという事がブロックチェーンに置き換わるということです。そうした未来をファクトムは目指しています。

またファクトムはそうした記録物の象徴とも言える不動産、住宅ローン市場に狙いをあてたファクトムハーモニーとうプロジェクトに力を入れています。不動産の電子記録管理は文書の保管もそうですが、何かと経費・手間がかかってしまうものですが、仮にそれらが不要となればファクトムを利用する価値は不動産業において絶大な威力を発揮すると思います。

ファクトムの価格・チャートについて

以下、ファクトムのチャートになります。

ファクトムは機能や方向性は面白いと思いますが、では価値はどうなっていくのでしょうか。
一つの大きな指標としましてはファクトムは発行上限枚数が設定されていないため希少性は少ないと考えられます。上限が無いという点はイーサリアムなども同じなので結局はそれが使われるかどうかが一番大きいとは思いますが、今の仮想通貨界隈では時価総額が高い通貨が知名度も向上させる事に繋がっており、価格を大きく上げる要素のひとつである枚数が設定されていない事が将来的にどうでますでしょうか。

他ではファクトムに関して、巷で話題を集めているインフルエンサーのマカフィー氏が砲弾を炸裂させています。

この後はすぐにゆり戻しで価格は落としてしまいましたが、一応マカフィー氏のスタンスとしては余り知られていない有望通貨を紹介するということなので、彼を信じられるのであればファクトムはある種の権威から認められたと、言えなくもないです。

他にはこれまた日本の投資家與沢翼氏もファクトムを購入していた経緯があり、もしかすると何かピンとくるモノがあったのかもしれません。

ただし時価総額がまだまだ低いという点は今後の伸び代があると考えられると思います。扱う取引所もまだまだ少ないですし、今後増えてくればより市場へ流れる資金が流入し伸びていく可能性があります。上が軽いという点は今後飛躍的に伸びる可能性があるという事であり、今後資産を増やすにあたり気にしなければならない点です。

現にマカフィー砲がファクトムに訪れた時には価格を一気に上げて9000円をつけたりしました。その後下落してしまいましたが、こうしたファンダにより一気に跳ねる可能性があるのが、準メジャーアルトなのかもしれませんね。

CC銘柄という利益

とにかくファクトムに関してはコインチェック銘柄であるという点は大きいです、コインチェックに上場されていなければおそらく殆どの方が存在を知らなかったのではないでしょうか。それ位影響力が高い取引所で取引が行われていくことは今後を見据えると非常に有利に働くと思います。

※コインチェックがマネックスグループ傘下に入ることが決定し、再開に向けた動きが進められていますが、匿名性暗号通貨が取り扱われなくなる事が濃厚となり、その他ではオーガも扱いを止める事になりそうです。これは残念な話ではありますが、ファクトムに関しては言及されなかったため、引き続き取り扱いが続いて行きそうですのでホルダーの方は一安心といった所でしょうか(まだ再開まではどうなるか分かりませんが)

関連キーワード
コインの関連記事
  • BitTube
    仮想通貨ビットチューブ(TUBE)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨EOSの画像
    仮想通貨イオス(EOS)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨アイエグゼック(iExec RLC)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • ペペキャッシュ
    仮想通貨ペペキャッシュ(PEPECASH)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨GTOの特徴
    仮想通貨ギフト(Gifto|GTO)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • ONTトークン
    仮想通貨オントロジートークン(ONT)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
おすすめの記事
2018年4月仮想通貨イベントまとめ
ニュース
仮想通貨のイベントスケジュール2018年の4月版になります。ビットコインにどうしても影響されてしまいますが、基本的にアルトコインはイベントで...