仮想通貨エイドゥ(Eidoo|EDO)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

仮想通貨エイドゥ(Eidoo|EDO)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

仮想通貨の世界にはトレンド(流行)があります。例えばICOが流行ったり、草コインが流行ったり、大御所ビットコインが独走したり、メジャーアルト祭りが起きたり、その時々の地合いに合わせて有効な通貨が選ばれ、それがイイよと伝染しトレンドがジワジワと広がります。そのトレンドの一つとして今年2018年はプラットフォーム型の通貨が流行るだろうとまことしやかに囁かれているのですが、その中でもここではマイナーにあたるかもしれませんが、エイドゥをご紹介します。

エイドゥ(Eidoo)の概要

通貨名 エイドゥ(EDO)
最大供給量 90,000,000 EDO
国内取引所 なし
国外取引所 バイナンス
ホームページ https://eidoo.io
Twitter

エイドゥ(Eidoo|EDO)の特徴

エイドゥは簡単に言えばアプリです。google playやApp Storeでダウンロード可能です。現時点ではモバイル版のみですが、デスクトップ版もリリース予定とのことです。

そのエイドゥの目標は様々なプロジェクトの橋渡し役になることです。アプリ自体は多様な事が実現できますが、中でもウォレット開発に力を入れており、現在のウォレットは一部では最高という評価もあるそうです。

正直、ウォレットが雑であったり、分かりづらかったりすると使いたくないですよね、何より怪しい。しっかりとしたウォレットはそれだけ信頼感が増しますし、これであれば使いたいとなります。エイドゥはその点かなり優位性を持っています。

エイドゥ(Eidoo|EDO) の機能

エイドゥの最大の機能であるウォレットは、以下の機能を持ちます。

・秘密鍵の提供によりスマホ紛失時などの復元対応機能
・あらゆるトークンを認識し各々に合わせた設定が不要
・ アンドロイド・iOS対応済みでアプリ本来の動作スピード感
・イーサリアムプラットフォームで生成された全ての通貨・トークンに対応
・ビットコインやライトコインなどの他の通貨も順次対応予定

と充実の内容です。取り分けスマホ紛失時の対応可というのは心強い反面、どういったセキュリティを持つのか少し不安だったりもしますが・・。いずれにせよウォレットは今後の仮想通貨を考えた場合、強化は必須な領域かと思いますので、それだけで他の通貨と比べ大きなアドバンテージです。

エイドゥ(Eidoo|EDO) の価格・チャートについて

上場直後は200円台、その後最高値で約800円近くまで上昇し、そこから仮想通貨暴落の煽りを受けて180円台まで一気に下落と、綺麗な山を作りました。 しかし、2月中盤以降は相場全体が回復傾向にあり、300円台まで戻しています。

この値動きを見てるとなんだか昨年のリスクを見ているようですが、リスクもマルチプラットフォームであるため、Eidooはますます2018年型リスクに見えてきました笑

話を戻してEidooは分かりやすいガジェットがあるため、それが世に受け入れられれば一気に価格が上昇すると思います。

まとめ

冒頭に記載したとおり今年はマルチプラットフォーム型の通貨が伸びるとみられています。最たるものはイーサリアムですが、ネム、リスク、ネオ等様々な機能を複合した通貨のそれぞれのモジュールが完成し、一気に花開くようなイメージです。

その中にあってEidooはリリースが遅かった事もあり、後発組になってしまいますが、その後発組の利点を活かして各通貨の問題点を上手く剥がしながら成長して行けるかがこの通貨の鍵かと思います。

コインカテゴリの最新記事