仮想通貨ダッシュ(DASH)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

仮想通貨ダッシュ(DASH)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

コインチェック銘柄の一つダッシュ。仮想通貨の中でも取り分け匿名性が高い通貨の事を匿名性暗号通貨と呼んだりしますが、ダッシュもそのうちの一つです。
とはいえ、まだまだ世間一般に広まっているとは言い難い仮想通貨の世界で更にマイナーなアルトコインの更にマイナー通貨ですから、知らない方も多いと思います。ここではそのダッシュについてご説明いたします。

ダッシュの概要

通貨名 ダッシュ(Dash)
発行上限 1,900万
国内取引所 coincheck(コインチェック)
国外取引所 Poloenix(ポロニエックス)
ホームページ https://www.dash.org

ダッシュの説明動画(公式)は以下です。

ダッシュ(Dash)の始まり

ダッシュ(通貨名:DASH)は2014年1月にスタートした通貨です。初めはダークコイン(Darkcoin)という名前でしたが、印象が良くないのか、理由は不明ですが2015年に名前をダッシュ(DASH)に改名しました。アントシェアーズから名称を変更して大成功したネオがよく語られますが、ダッシュも時間差はありますがリブランディング成功事例と言えるでしょう。

ダッシュ(Dash)の特徴

特徴として取引スピードの速さと高い匿名性を持つ点が挙げられ、特にセキュリティの高さに関しては類似するコインがまだまだ少ないためか注目度が高くなっています。また取引スピードもビットコインが10分かかる所を4秒で行うなど非常に高速に行える能力を兼ね備えているため人気があります。

ダッシュの匿名性の高さに関しては通常公開されるブロックチェーン上の取引記録を記録しない形で取引が出来る点が挙げられます。これは記録をオープンにする事で逆にかいざんしにくくするブロックチェーン技術を逆手に取った形です。

機能的にはダークセンド(名前が格好いいですね笑)と呼ばれる形式を用いるのですが、これは同じ時間帯の送金依頼を一時的にまとめ、その上で各送金先へ送られる仕組み(コインミキシング)になります。

またDASHは即時決済機能を有しているため、今後暗号通貨を用いた支払などの決済分野において存在感を増して行くと思われます。

結論としてとにかくこの通貨の特徴は取引のスピードが速く、匿名性が高い!ということです。

ダッシュ(Dash)の価格・チャートについて

以下ダッシュの年チャートです。

ダッシュ(Dash)の将来性

仮想通貨ダッシュ

ダッシュは11月にビットコインがsegit2Xの実装を断念した裏でブロックサイズの引き上げを行っていました。前述したように元々処理速度が速いのに更に早いとなれば鬼に金棒といったところでしょうか、その後価格が急上昇いたしました。こうした改変のタイミングや開発者などを含めたチームの強さも人気の秘訣なのかもしれません。

また余り知られていませんが、ダッシュは利用可能なATMがあるなど、現在の仮想通貨では珍しく現実に需要があります。利用する事でその通貨の価値は増加していきますし、それがビットコインでは無くアルトコインという点に大きな価値があります。今後も増えるであろう匿名系仮想通貨の中で突出し覇権を握るような事になれば価値は飛躍的に伸びるでしょう。ダッシュはそこに限りなく近い位置にいると思います。

但し、ダッシュに限った話ではありませんが、匿名系暗号通貨は国や政府と軋轢を産む可能性があります。特にコインチェックが金融庁の指定する仮想通貨交換業者に登録されないのは、この匿名系暗号通貨の影響が大きいのでは無いだろうかという噂がずっと囁かれています。もしこれが事実であれば、いずれコインチェックが登録する際にはCC銘柄から外されると思いますし、今後他の日本の取引所で取り扱う可能性も低いため、価格には大きな影響が発生することは間違いありません。そのリスクはどうしても付きまとってしまいます。

匿名性の高さというのは技術レベルを表す事でもあるので、管理できないから、という観点だけから規制するのはナンセンスだと思いますし、もしほかに環境がある場合は優秀な方は出て行ってしまうので国にとっても長い目で見た場合良い事だけではないのでしょうか?

※ダッシュ(DASH)の取り扱いをコインチェックが中止するという発表を行いました。これにより国内で取り扱う取引所が無くなり、理由が仮想通貨の取引業に関する事だと見込まれるため今後も他の取引所等での扱いも難しそうです。

あるとすれば公的な機関での技術に使用されるという点ですが、それだけであれば日本での道のりは難しいと言わざるを得ません。海外での評価が高い匿名系通貨ではありますが、日本では当面は苦しい状況が待ち受けてそうです。

コインカテゴリの最新記事