仮想通貨クリプトネックス(Cryptonex|CNX)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します

クリプトネックスは2018年流行るのではないかと噂されているDEX(分散型取引所)です。世界的にGOX不安が叫ばれる中、一つの解決策としての分散型取引所は今年どういう展開を見せるのでしょうか。ここではその内の一つクリプトネックスをご紹介します。

クリプトネックス(Cryptonex)の概要

通貨名 クリプトネックス(CNX)
最大供給量 106,568,508 CNX
国内取引所 なし
国外取引所 HitBTC
ホームページ https://cryptonex.org

クリプトネックスの特徴

クリプトネックスは独自のブロックチェーンプラットフォーム上に作成された分散型取引所になり、携帯電話と支払いカードを使用した取引も提供することを目標にしています。

クリプトネックスでは様々な仮想通貨とトークンを世界の通貨と交換し、安い手数料で携帯電話と支払いカードを使用して商品やサービスを購入する機会を提供することを目指しているとのことです。

クリプトネックスの機能

クリプトネックスは分散型取引所が主なサービスとなり、支払カードなどとも連携してサービスや商品の購入が出来るようにするとの事です。

この構想を実現する為に必要なのが現実の口座になるかと思うのですが、このプロジェクトの最大の売りは分散型取引所と銀行の連携を図るという点です。

一説にはシンガポールの銀行を買収したという話もあり、もしこれが実現すればDEXで法定通貨を出し入れする事が可能となります。そのため今まで法定通貨の入出金がネックとなり法外な手数料やレバレッジ料金を取引所に支払っていましたが、もうこれで好き勝手な料金体系にする事は出来なくなるのでは無いでしょうか。

クリプトネックスの価格

クリプトネックスは開始直後から堅調に、実に堅く価格を上げてきており、ビットコインの下落時などでもそう大きくは下げずに上昇トレンドを継続しています。この力強さと安定さは魅力的です。

また、PoSシステムであることからも、すぐに手放す人が続出する事はなかなか考えづらく、今年の成長に期待が出来そうです。

まとめ

クリプトネックスの領域も他の多くの通貨と同様に既存産業との軋轢がある部分です。そのためプロジェクトが順調に進んだとしてもある日突然道が途絶える可能性は捨てきれません。

しかしながらこのプロジェクトの強みは仮想通貨のみならず新しい技術に寛容な国シンガポールの銀行との提携なのか買収があると言う点です。シンガポールはある意味では逆張りによって、国家を発展させていますので、もし他国が抵抗した場合でも寛容に受け入れられ開発が進む可能性があります。

もし銀行がDEXと繋がったら、あらゆる可能性が一気に広がります。その日が訪れ、主導権をこの通貨が握っていた場合はとんでもない価格上昇する事は間違いありません。

関連キーワード
コインの関連記事
  • BitTube
    仮想通貨ビットチューブ(TUBE)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨EOSの画像
    仮想通貨イオス(EOS)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨アイエグゼック(iExec RLC)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • ペペキャッシュ
    仮想通貨ペペキャッシュ(PEPECASH)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • 仮想通貨GTOの特徴
    仮想通貨ギフト(Gifto|GTO)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
  • ONTトークン
    仮想通貨オントロジートークン(ONT)とは?特徴、チャートや今後の見通しまで解説します
おすすめの記事
2018年2月仮想通貨イベントまとめ
ニュース
2018年も様々な形で動く仮想通貨の世界。思わぬビッグサプライズにより上昇したり、煽るだけ煽って内容が大した事が無く大暴落と、イベントはコイ...